アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • マンガ
  • 『FAIRY TAIL』真島ヒロが語る「人気作を終わらせる勇気」 新連載で新境地に挑む

『FAIRY TAIL』真島ヒロが語る「人気作を終わらせる勇気」 新連載で新境地に挑む

 『週刊少年マガジン』(講談社)で連載していたファンタジー漫画『RAVE』や『FAIRY TAIL』などの作者として知られる真島ヒロ氏。漫画家デビューから21年 を迎える今年、自身初となるSF『EDENS ZERO』(エデンズゼロ)を同誌で6月から連載し始めた。「前作の『FAIRY TAIL』はまだ描き続けることができました。それでも、新しいことをやりたかった」と既存の環境を捨ててまで新連載に挑む勇気や、ファンタジー作品にこだわる理由を聞いてみた。

【写真】その他の写真を見る


■『EDENS ZERO』は「今の少年誌にないテーマ」

――『RAVE』や『FAIRY TAIL』は“剣と魔法”を軸にしたファンタジー作品でした。今回でSFとして世界観を変えた理由とは。

 『EDENS ZERO』は、サイエンス・フィクションではなく、“スペース・ファンタジー”としてのSF漫画。今まで培ってきた『剣と魔法』が通用しない世界観に挑戦しようと始めた連載で、予想以上に難しいなと感じています。過去2作品より文明が進んだ世界が舞台で、テクノロジーとか僕がサボってきた分野(笑)。『FAIRY TAIL』では「何でもかんでも魔法だ!」って片付けていましたが、今は逃げていた分野に挑戦しています。

 とはいえ、デビューから20年を超えて 『苦手な分野に挑戦した』というより、“SF ”が今の少年誌にないテーマだったので、そこにやりがいを感じました。ほかの少年誌を見わたしてもSF というのは少ない。珍しいテーマですし、(近年)誰も触れていない部分でしたので「これは武器になるな」と思いました。

 SF に挑戦していますが、『FAIRY TAIL』『RAVE』といった王道ファンタジーを「やりきった」ということはありません。まだまだ、王道ファンタジーはやりたいんです。やる気もありますし、ネタもあります。ただ、今は新しいことに挑戦したいという気持ちが強かった。

 『FAIRY TAIL』や『RAVE』にもタイムトラベルや星といったSF要素があるので、この分野は嫌いではないですし、挑戦することに抵抗はありませんでした。「宇宙にドラゴンが居たら面白いな」「宇宙に桜が舞っていたらきれいだろうな」などと考えています。特定の作品から影響を受けたというのはなくて、いろんな作品を見てまとめて、自分なりに昇華させて、新しい物語を描いています。なので、今までの経験が活きた作品です。

■いかに他人の作品より目立つか……テーマ設定の“戦略”

――『FAIRY TAIL』『RAVE』にはコメディー要素もあり、新作でコメディー漫画を描くこともできたと思います。ファンタジーを描き続ける理由は。

 『ドラクエ』や『ジブリ』作品が昔から大好きというのが、根本的にありますね。ただ、『RAVE』を連載した当時の『週刊少年マガジン』は、ファンタジー作品がまったくなかったんです。バトル漫画はあるのですが、ファンタジーバトルはなくて。その時も「これは武器になる!」と、描き始めたのがきっかけでした。

 今まで誰もやったことがないところに面白さを感じていて、それは商売的にもいい(笑)。特に『RAVE』の時はデビュー作だったので、何かで目立たないといけない。新人が目立つためには、『週刊少年マガジン』に掲載されていない分野の漫画で勝負しないといけないなと。それで始めたのが『RAVE』。一方で『FAIRY TAIL』は、『RAVE』のように旅をして仲間を集めるのではなく、「最初から仲間が全員居たら面白いのでは?」という新しさから始まりました。『EDENS ZERO』も少年誌全体を見わたして「SF漫画はないな〜」と珍しく思い、半年くらいの時間をかけて構想がまとまりました。

 タイトルの意味も僕の漫画にしては、序盤からわからないようになっているので、後々わかった時に驚いてくれるとうれしいです。完結までの構成ですが、今の段階では出来ていません。逆に、デビュー作の『RAVE』は、連載当初から最終話の構成がガチガチに決まっていて、『FAIRY TAIL』は、途中から設定を継ぎ足して、長期連載になってしまいましたね〜(笑)。なので、今作は決まっている部分もあり、決まっていない部分もあるという2作の中間という感じです。コミックス第1巻のうちから、 伏線がガンガン入っています。

■11年続いた作品を終わらせる決断「既存の環境を捨ててまで、ゼロから」

――「新たな挑戦」として新連載をスタートさせましたが、11年続いた人気漫画『FAIRY TAIL』の連載を終了しなくてはいけませんでした。その決断は苦しくなかったのでしょうか。

 僕に『FAIRY TAIL』と『EDENS ZERO』の週刊2本の連載をすることができるキャパシティーがあれば良いのですが、さすがに無理ですね(笑)。『FAIRY TAIL』を描き続ける方がやりやすいのは確かです。あそこまで成長した作品ですし、キャラクターも勝手に動くし、新しいキャラクターを出しても読者が受け入れてくれる。続けようと思えば、まだ続けることはできました。それでも、これまでの環境を捨てて 、ゼロから新しいものを作りたいと思ってしまいます。

 世の中には5巻くらいの短い話で名作を量産する作家、100巻以上続く作品を描き続ける作家がいて、どちらもすごいと思います。それぞれ信念があると思いますが、僕としては仮に『EDENS ZERO』より面白いアイデアがあったら、そちらに力を注ぎたいし、今の連載を終わらせることも考える。新しい世界観を作るのは大変ですが、それでも新しいことを世の中に出して行きたい想いが強いです。

■真島作品の唯一変えられないこと……「メインキャラの黄金率」

――過去2作に登場し『RAVE』だとプルーと呼ばれるマスコットキャラが、今作でもすでに登場しました。これも創作活動として特別な意味があるのでしょうか。

 昔から主人公とヒロイン、小さな動物の組み合わせが好きなんです。自分の中の黄金率といいますか、ここを崩す勇気はないですね。男2人にヒロイン1人、ヒロイン2人に小さな動物にするのは、なかなか難しい。今回も男2人のバディ物の案もありましたが、男1女1小さな動物1が一番バランスがいいなと思ってしまいます。ギャグやファンタジーの話を描く際、動かしやすいんです。連載を終わらせる勇気はありますが、ここは、なかなか踏み出せないですね(笑)。

 プルーという存在が各作品に登場し、ファンの間で「これが伏線として一本の作品につながって登場するのでは」という声がありますが、それはないですよ! それをやったら、後付けです(笑)。ただ、『アベンジャーズ』みたいに「各作品の主人公が集結!」みたいなことは面白いと思います。



関連写真

  • 真島ヒロ氏の新連載『EDENS ZERO』のイラスト(C)真島ヒロ/講談社
  • 『EDENS ZERO』コミックス1巻書影(C)真島ヒロ/講談社

オリコントピックス