アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 4年連続3冠王・日本テレビが抱く2つの危機感「潮目が変わってきた」

4年連続3冠王・日本テレビが抱く2つの危機感「潮目が変わってきた」

 日本テレビは9月11日、東京・汐留の本社にて2018年10月期の番組改編説明会を実施。「タイムテーブルの“新化&深化”」を今期改編テーマに、2017年10月期から2期連続で無改編だったプライム帯に2年ぶりとなる新番組『THE突破ファイル』(木曜19時台)を投入。さらに、ベルト番組のフロー強化のために朝の情報番組『PON!』を改編した新番組『バケット』のスタートを発表した。

 日本テレビが今期に掲げるのは、継続的な「視聴率3冠」と「プラチナ帯の制覇」を基本とした「コアターゲット」戦略の堅持。上記2つの新番組や、メインキャスターの有働由美子とともに“最新型NEWSショー”に生まれ変わる『NEWS ZERO』、朝昼の情報番組『ZIP!』のリフレッシュなどによる平日ベルト番組の強化、「企画強化」「話題性のあるキャスティング」「多面的コンテンツ展開」をテーマにするドラマ3枠(水曜ドラマ、土曜ドラマ、日曜ドラマ)の盤石化をアピールした。

 同社編成局編成部長の岡部智洋氏は「いま地上波に求められているのは“深さ”。そこにこだわって5年連続の3冠を達成したい」としながら、2期無改編からの今期改編については「各局の潮目が変わりつつある」とその背景を語った。

「理想は、同じ店(番組)が変わらずあって、新しいメニュー(内容)を提供していくこと。深さを求めながらそれを2期やってきました。しかし、デジタルメディアとの接点や日本テレビのタイムテーブルと曜日ごとの生活者の接点、他局の動向など総合的に見て潮目が変わりつつある」とし、さらに「5年連続の3冠が盤石だとは思っていません。“他局とのシェア争い”“地上波テレビのプレゼンス”という2つの危機感を持って改編に臨んでいます」と力を込めた。

 新番組『THE突破ファイル』(毎週木曜 後7:00)は、内村光良がMC、サンドウィッチマンがレギュラー解答者を務める実録ドラマ&クイズバラエティ。『バケット』は、朝おいしいバケット(パン)があると気分が上がることから命名。同局アナウンサーがメインとなり、“生活者ファースト”をこだわりに「今を応援!」「未来を実験”」を掲げる新時代の帯番組を目指していく。

 なお、同局の今期改編率は全日(前6:00〜深0:00)7.0%、プライム12.6%、ゴールデン(後7:00〜後10:00)4.9%となる。



関連写真

  • 2018年10月期の番組改編説明会を行った日本テレビ
  • プライム帯2年ぶりの日テレ新番組『THE突破ファイル』(木曜19時台)に出演するMCの内村光良、レギュラー解答者のサンドウィッチマン

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年11月5日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年11月5日号

<COVER STORY>
奥田民生(アーティスト)
アーティストの権利を守るのは大事なこと
一方で、フットワークの軽さや面白さも必要

<SPECIAL ISSUE>
音楽意識調査レポートでセグメント
ライフスタイル別デジタルコンテンツ接触調査

お問い合わせ

オリコントピックス