アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 伝説のテレビマン・三宅恵介氏が明かす『火薬田ドン』の舞台裏「今しかできないことを…」

伝説のテレビマン・三宅恵介氏が明かす『火薬田ドン』の舞台裏「今しかできないことを…」

 2008年のフジテレビ系『27時間テレビ』で誕生し、1年に1度しか見られないスペシャル企画として毎回好評を博しているビートたけし(71)扮する「火薬田ドン」が、今年も『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』(8日 後6:30〜翌9日 後9:54)に登場する。きのう7日は、今年の火薬田ドンの収録現場に独占で密着した様子を伝えたが、今回は同シリーズを手がける三宅恵介氏(69)にインタビューを敢行。『オレたちひょうきん族』『あっぱれさんま大先生』『ライオンのごきげんよう』といった名番組を担当した“伝説のテレビマン”に火薬田ドンの誕生から今までを聞いた。

 火薬田ドンが産声を上げたのは、2008年の『FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』。この時、総合演出を担当した三宅氏は明石家さんまに総合司会を依頼した。「さんまさんには、スタジオでいろんなキャラクターをやっていただくことになったのですが、たけしさんにもぜひ参加していただきたいと考えました。それで偶然たけしさんとあるところでお会いした時に『やってください』とお願いしたら、ずっと考えた後に『全国中継でやりたい』とおっしゃってくれた。その場に小堺一機さん、放送作家の高平哲郎さんがいらっしゃったので、みんなに『聞いたよね?』と証人になってもらいました(笑)」。

 そこから、さまざまなキャラクターに扮したたけしが全国各地を回っていくというスタイルを採用。2015年に発売された三宅氏の著作『ひょうきんディレクター、三宅デタガリ恵介です』(新潮社)によると、かつてたけしが出演していたバラエティー番組『タケちゃんの思わず笑ってしまいました』に「犬田ワン」「猫田ニャン」「烏田カア」といったキャラクターが登場。「〇〇田〇〇」の路線で考えを巡らせていった結果「夏で、お祭り番組だし……それなら花火をやろう。花火名人でいい。名前は……花火といえば火薬……火薬田ドン!」(同書p50)との経緯で誕生した。

 記念すべき初回から、大盛り上がりだった火薬田ドンは必然的にシリーズ化していった。「たけしさんからの全国中継というアイデアで生まれたキャラクターなので、なるべく中継という形は守って続けています。下町の江戸っ子っぽい、たけしさんならではのべらんめえ口調なので、キャラクターとしてはもうひとつの有名キャラクターである鬼瓦権造に近いものがありますよね」。

 年に1度のどんちゃん騒ぎ。たけし自身、そして周りのスタッフにとっても大切なものとなっている。「映画監督、アーティストとしての北野武という部分が半分あったとすれば、我々の役割はおかしくてくだらないことをやる、もう半分のビートたけしさんの部分(笑)。たけしさんご自身でよくおっしゃっていますが、この振り幅が大きいほうが絶対にウケる。今でもお笑いの部分を死守されていると思うので、僕としてもその部分はずっと参加していきたいなという思いがあります。スタッフも2008年の最初にやった人間がほとんどで、チームたけしというか『チーム火薬田』で年に1回集まってやっていますよ」。

 どでかい笑いと花火を打ち上げるため、打ち合わせは入念に行う。「最初は『こういうのはどうでしょうか?』ということで話をしていきながら、次までにそれをプランにして、そこからだんだん詰めていくようにしています。今回は(収録までに)4回は打ち合わせをやりました」。毒ガスが噴射される往年の名物コーナー「たけしメモ」のように、たけしといえば舌鋒鋭いマシンガントークが持ち味だが、火薬田ドンでは体を使って笑いを作り上げる。「今は関西芸人の方が多いので、どちらかというとしゃべりでオトす部分が多い中で、火薬田ドンはしゃべりもありますが、なるべく動いてもらおうとは思っています。たけしさんが見せる情けない動きが笑いを誘うと思うので、そこで見せることは意識しています」。

 火薬田ドンのコーナーは『さんまのお笑い向上委員会』の中で放送されるが、これには意味があると三宅氏は語る。「やっぱり、たけしさんもバカバカしいことをやっていて、ツッコんでくれるさんまさんがいてほしいんですよね。ですから、このコーナーはVTRですが、さんまさんの『向上委員会』のところに入れてもらわないと(笑)。あのコンビは長いですから、いいですよね」。最後に今年の見どころを聞いてみた。「見どころは全部です(笑)。去年は引退するというネタでやらせていただいて『また来年!』ということで、今回もやりますけど、今年は終わっちゃうかもわからないですから(笑)。そんな風に、今しかできないことをやっていくのがテレビだと感じています」。今年も盛大な花火を打ち上げてくれそうだ。

■『FNS27時間テレビ〜にほん人は何を食べてきたのか?〜』ラインナップ
『にほん人食堂』(メイン通し企画)/『たけし村上農場』(ドキュメント企画)/『FNS対抗! メシの祭典』(FNS企画)/『毎時間修造』(1時間に1回企画)/『ホンマでっか!?TV』/『さんまのお笑い向上委員会』/『飯テロ-1グランプリ』/『免許皆伝』/『旅する落語』/『めざましテレビ』(生放送)/『松岡修造の朝メシくいしん坊!万才』『松岡修造の昼メシくいしん坊!万才』/『関ジャニ∞クロニクル』/『池上彰&たけしが見た! 世界が映した昭和のニッポン』/『あの人の歩き方』/『学ぶヒストリー劇場』/『ニッポン道』/『痛快TV スカッとジャパン』/『サザエさん』/『にほん人は何を食べていくのか? にほんの食遺産』(グランドフィナーレ)



オリコントピックス