アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • マンガ
  • 漫☆画太郎作品『ババァ』等身大フィギュア制作企画始動 クラウドファンディングで目標金額250万円

漫☆画太郎作品『ババァ』等身大フィギュア制作企画始動 クラウドファンディングで目標金額250万円

 ギャグ漫画家・漫☆画太郎氏の作品に数多く登場するキャラクター「ババァ」の等身大フィギュアを、クラウドファンディングで制作するプロジェクト「漫☆画太郎のババア等身大フィギュアを作ってジャンプフェスタで展示したい!」が、27日から始動した。目標金額は250万円で、9月30日まで読者からの制作費支援を受け付ける。

【写真】その他の写真を見る


 プロジェクトの背景として、2017年9月より漫画アプリ『少年ジャンプ+』で連載中のギャグ漫画『星の王子さま』が打ち切りの危機にあることから、同作にも登場するキャラクター・ババァの等身大フィギュア(約160センチメートル)を制作し、『ジャンプフェスタ2019』で展示を行い同作の単行本の宣伝をすることで、打ち切りの回避を目指していく。

 等身大フィギュアを実現させるための目標金額は250万円と設定。制作は『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』のモモとララの等身大フィギュアを制作したデザインココが手がけ、漫☆画太郎氏の独特な世界観を忠実に再現する。さらに、支援者には、10センチメートルバージョンの『ババアフィギュアのガレージキット』(サイン付き)や、漫☆画太郎氏による漫画の描き下ろしに登場する権利など、多彩なリターンが用意されている。

 また、「なぜ、ババァの等身大フィギュアを制作する必要があるのか」については、漫☆画太郎氏が41ページもの漫画を描き下ろし、漫画アプリ『少年ジャンプ+』内の『緊急特番』コーナーにて27日から無料で公開。

 物語では、夢の中で画太郎氏がババァに同アプリで連載中の『星の王子さま』の打ち切りが伝えられて、「あたいの等身大フィギュアを作り、ジャンフェス(ジャンプフェスタ)の会場に安置し、『星の王子さま』の重版を祈願するんじゃ!!!さすれば必ずや単行本が売れ打ち切りが回避されるであろう!!!」と告げられる。

 同プロジェクトは、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」で実施し、募集終了期間は9月30日まで。

■プロジェクトのリターン(返礼品)内容
・コピーだらけのクソみたいな原稿(1万円:200枚分まで)
・ババァフィギュアのガレージキット【画太郎サイン付き】(1万円:300個まで)
・ババァフィギュアのガレージキット【画太郎手塗り付き】(3万円:100個まで)
・コピーを使っていない珍しい原稿(5万円:50枚まで)
・トラックオチを含む描き下ろしマンガに登場する権利(25万円:10人分まで)
・ババァ等身大フィギュア【画太郎サイン付き】(250万円:10人分まで)※等身大フィギュアを購入することができる

関連写真

  • 漫☆画太郎作品『ババァ』等身大フィギュア制作企画始動(C)漫☆画太郎
  • 公開された「星の王子さま」緊急特番(C)漫☆画太郎
  • 公開された「星の王子さま」緊急特番(C)漫☆画太郎
  • プロジェクトのリターン内容の一部であるトラックオチを含む描き下ろしマンガに登場する権利(C)漫☆画太郎

オリコントピックス