• ホーム
  • 芸能
  • 映画『カメラを止めるな!』“著作権侵害”報道 製作側が反論

映画『カメラを止めるな!』“著作権侵害”報道 製作側が反論

 大ヒット中の映画『カメラを止めるな!』が、原作者の著作権を侵害しているとして、きょう21日に週刊誌『FLASH』が報じた。同映画の製作を手がけたENBUゼミナールは同日、映画の公式サイトで報道内容について「不正確なもの」と真っ向から反論した。

 同誌では、劇団「PEACE」(現在は解散)を主宰していた和田亮一氏が映画の原作は劇団の舞台作品『GHOST IN THE BOX!』であると主張。上田監督は同舞台を観劇し劇団関係者にも映画化の意志を伝えていたが、昨年11月に映画が先行公開された際、作品のクレジットには劇団「PEACE」と和田氏ら舞台に携わった人物の名前が記載されていなかった。その後、和田氏や劇団の名前は配給拡大にあたり「原案」とクレジットされたが、和田氏側はあくまで「原作」として記載されるべきと自身のSNSでも主張している。

 公式サイトに掲載された文書ではこの記事について「内容は不正確なものです」と反論。同映画が『GHOST IN THE BOX!』に着想を得て製作されたことを認めた上で「本舞台に敬意を表する意味で本映画を拡大上映する際に、原案:劇団PEACE『GHOST IN THE BOX!』という表記をご提案させていただきました」と経緯を説明。

 一方で「本映画は上田監督自身による脚本、監督、編集というように本舞台とは独自の形で製作を進め、ストーリーは本舞台と全く別物である上、脚本の内容も異なるものですから、本映画について、本記事の見出しに掲載されているような、法的に『著作権侵害』が生じていたり、本舞台を『パクった』といった事実は一切ございません」とし、舞台と映画の類似点が多いとする和田氏側の主張と食い違いもみられる。

 また、クレジットなどの対応は今後協議する予定だったと説明し「それにもかかわらず、このような『著作権侵害』や『パクった』といったようなセンセーショナルな見出しや、未だ確定もしていない本舞台関係者との協議過程の内容も含む記事が掲載されたことに強く憤りを感じます」と批判している。



オリコントピックス