• ホーム
  • 芸能
  • 『ぶっちゃけ寺』1年半ぶりに復活 テレビ初撮影&普段は入れない貴重映像満載

『ぶっちゃけ寺』1年半ぶりに復活 テレビ初撮影&普段は入れない貴重映像満載

 お笑いコンビ・爆笑問題と作家・阿川佐和子氏、そして、宗派を超えたお坊さんたちが繰り広げるテレビ朝日系『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺』。2017年2月までレギュラー放送されていた同番組が、1年半ぶりに3時間スペシャルとして復活。『2018夏 ぶっちゃけ寺 特別ご開帳SP〜西郷&幕末がよくわかる寺社 大公開!〜』(後7:00〜9:48)が13日に放送される。「テレビ初の撮影」や「普段は絶対に入れない貴重な場所」が次々と登場。「お盆に関する疑問」など、知っているようで知らないお盆の基本や作法などについてもわかりやすく解明する。

 今回、カメラが入ったのは、京都で約1200年の歴史を持つ日本初の本格的な密教寺院「東寺(教王護国寺)」。「鳥羽・伏見の戦い」(1868年)で西郷隆盛率いる新政府軍が本陣を置いた場所であり、世界遺産にも登録されている。弘法大師空海の住居「御影堂」や、空海が築いた「立体曼荼羅」を紹介するほか、西郷が戦況を見定めるために登ったといわれる、普段は入ることができない国宝「五重塔」にも太田光室井滋が特別に潜入。暗く細い塔内を上り、たどり着いた五層目からの京都の絶景とは!?

 同じく京都にある、江戸時代の始まりと終わりの場所「二条城」では、民放で初めて大広間にカメラが入ることを許可された。さらに太田が15代将軍・徳川慶喜が“大政奉還の意思表明を行った場所”の真横に座らせてもらえることに。そこで慶喜に代わり、太田が“大政奉還”の意思を表明!? 大広間に足を踏み入れ、そこに展示されている時代風俗人形の顔をまじまじと覗き込みながら、恐る恐る歩いていく疑似体験をした。多くの幕臣たちを前に260年続いた幕府の終わりを告げる“大政奉還”の意思を表明した慶喜の胸中とは、いったいどんなものだったのか!? 

 西郷と並び、幕末を語る上で外せないスーパーヒーロー・坂本龍馬。龍馬が愛したとも言われる「三十三間堂」を星野真里が訪問。今回『ぶっちゃけ寺』が特別に許可を得て、普段は撮影禁止となっている本堂を、大規模な仏像の配置換え後では初めて撮影した。

 徳川家を支え、江戸幕府260年の終焉を見届けた東京・上野の「寛永寺」では、今回は普段入れない、徳川慶喜が謹慎していた「葵の間」や「徳川歴代将軍が眠る墓所」を古坂大魔王戸田恵子が特別拝観する。

 さらに今回の放送では、「お盆」にまつわる疑問を、スタジオゲストたちがお坊さんに直撃。「そもそもお盆は『いつ』から『何のため』にやる?」、「お盆で『一番大事なこと』『やった方がいい作法』は何?」といった、意外と知らないけれど多くの人が抱いている素朴な疑問を、お坊さんたちが分かりやすく丁寧に解決する。



オリコントピックス