• ホーム
  • 芸能
  • 廣瀬智紀、主演ミュージカルで“天然封印”「先につながる作品にしていきたい」

廣瀬智紀、主演ミュージカルで“天然封印”「先につながる作品にしていきたい」

 俳優の廣瀬智紀(31)、木村咲哉(11)が8日、都内で行われた『ファンタジーオーケストラミュージカル「スサノオと美琴〜古事記〜」』の公開けいこに参加した。

【写真】その他の写真を見る


 同ミュージカルは、11歳の少年・伊那美琴が日本創生期の“神の時代”にタイムスリップし、スサノオと共に三種の神器探しの旅に出るファンタジーストーリー。29日に東京・新国立劇場 オペラパレスで上演される。

 凶暴な神「スサノオ」を演じる主演の廣瀬は「一度きりしか公演がないので、本番中にブラッシュアップが出来ない。けいこ場で全てやっていくということを、カンパニーの共通意識として、けいこに臨んでいきたい」と気合十分。

 続けて「普段は『天然』『人と違う時間軸を生きてる』と言われる」と笑いながら明かしつつ「その類のことを言われないよう頑張りたい。一度きりの公演ですが、先につながる作品にしていきたい」と言葉に力を込めた。

 タイムスリップする11歳の少年・美琴役は、ミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』でのパフォーマンスで高評価を受けた木村。公開けいこでも得意のダンスを披露し「(劇中のダンスには)ヒップホップ+バレエの要素があります。失敗しないよう、悔いのないよう、頑張っていきたい。役になりきれるよう頑張りたいです」と、初々しく意気込んでいた。

 公開けいこにはそのほか、月影瞳、折井あゆみ彩輝なお、芸術監督・指揮の坂本和彦氏、総監督の井戸輝雄氏、台本・演出の杉本凌士氏らが参加。元AKB48の折井は、同期・前田敦子の結婚に触れ「彼女が14歳くらいのときから一緒に活動してきた。青春時代を仕事に捧げて、とても一生懸命に頑張っていた。家族のそういった憧れがあるんじゃないかなと想像していたけど、すてきな人と巡り合えて本当にうれしい。幸せになってほしい」と祝福した。



関連写真

  • 主演ミュージカルで“天然封印”を誓った廣瀬智紀 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファンタジーオーケストラミュージカル「スサノオと美琴〜古事記〜」』の公開けいこに参加した(前列左から)折井あゆみ、月影瞳、廣瀬智紀、木村咲哉、彩輝なお (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファンタジーオーケストラミュージカル「スサノオと美琴〜古事記〜」』の公開けいこの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファンタジーオーケストラミュージカル「スサノオと美琴〜古事記〜」』の公開けいこに参加した彩輝なお (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファンタジーオーケストラミュージカル「スサノオと美琴〜古事記〜」』の公開けいこに参加した木村咲哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファンタジーオーケストラミュージカル「スサノオと美琴〜古事記〜」』の公開けいこに参加した折井あゆみ (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファンタジーオーケストラミュージカル「スサノオと美琴〜古事記〜」』の公開けいこに参加した月影瞳 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファンタジーオーケストラミュージカル「スサノオと美琴〜古事記〜」』の公開けいこの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス