• ホーム
  • 芸能
  • 話題となった『シンカリオン』第31話の先行カット公開 世界初、動く洞木コダマ・ノゾミ登場

話題となった『シンカリオン』第31話の先行カット公開 世界初、動く洞木コダマ・ノゾミ登場

 TBSで放送中のアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(毎週土曜 前7:00)第31話(8月11日放送)の先行カットが27日、公開された。世界初、動く洞木コダマ・ノゾミが登場する。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開は2020年 8月末まで全国劇場で特報上映


 第31話は、先日発表されたアニメ『エヴァンゲリオン』から生まれた新幹線『500 TYPE EVA』が、シンカリオンに変形する放送回。運転士は『エヴァンゲリオン』の主人公である碇シンジで、声は緒方恵美が担当することで話題となった。

 公開された先行カットは、洞木三姉妹と『シンカリオン』の主人公である速杉ハヤトが車に同乗するシーンと、『シンカリオン 500 TYPE EVA』と『シンカリオン E5はやぶさ』が共闘するシーンの2カット。

 洞木三姉妹の次女・洞木ヒカリは碇シンジの同級生。姉と妹の存在は、『新世紀エヴァンゲリオン』第17話「四人目の適格者」にて、ヒカリのセリフのみで明かされていたが、2017年「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」で『500 TYPE EVA』の運行が開始されたことを記念して、ヒカリの姉・コダマと妹・ノゾミがキャラクターとして制作された。

 コダマ・ノゾミが、今回のコラボレーションで、世界初となるアニメ本編にキャラクターとして登場することに。洞木ヒカリを演じるのは、オリジナル声優の岩男潤子。コダマ・ノゾミも岩男が務め、一人で洞木三姉妹を演じわける。『シンカリオン』が初めてとなる動いて喋る洞木コダマ・ノゾミ、ヒカリの3人に注目が集まる。

 また、『シンカリオン 500 TYPE EVA』と『シンカリオン E5はやぶさ』の共闘シーンでは、初めてロボット形態の『シンカリオン 500 TYPE EVA』を見ることができ、同じ500系のシンカリオンである『シンカリオン 500こだま』とは少し違う『エヴァンゲリオン初号機』特有の姿勢で走るほか、今回もテレビ放送バージョン限定で『エヴァンゲリオン』の楽曲が使用される。



関連写真

  • シンカリオンの世界に登場する三姉妹のビジュアル(c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS (c)カラー
  • オリジナルビジュアルの三姉妹(c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS (c)カラー
  • 公開された場面カット(c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS (c)カラー
  • 公開された場面カット(c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS (c)カラー

オリコントピックス