• ホーム
  • 芸能
  • ソニーミュージック、スヌーピーの「Peanuts」株取得完了

ソニーミュージック、スヌーピーの「Peanuts」株取得完了

 ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は7月24日、2018年5月14日付で「『Peanuts Holdings LLC』の持分を取得する確定契約を締結」として公表していたとおり、DHX Media Ltd.(カナダ/以下:DHX Media)が保有するPeanuts Holdings LLCの持分80%のうち49%(Peanuts Holdings LLC全体の持分の約39%)を、SMEが間接的に取得したことを発表した。

 ソニーミュージックは09年に「Peanuts」の国内独占エージェント権を取得。2016年には六本木に「スヌーピーミュージアム」をオープン。これが連日盛況となる大ヒット。本年3月には来場者数100万人を突破した。また、SMEとのライセンス契約を経て、神戸のポトマックが8月にピーナッツホテルをオープンする。

 すでにキャラクター展開では多くのノウハウを持つSMEが、約200億円ともみられる今回の大型ディールを経て、今後さらにIP戦略を本格化させていく。

【ソニー・ミュージックエンタテインメント 代表取締役 CEO 水野道訓コメント】
 1950年の誕生以来世界中で愛されている、スヌーピーでお馴染みの「ピーナッツ(原作者:チャールズ M. シュルツ氏)」ですが、日本での人気は非常に高く、関連キャラクター商品の売上は、全世界の売上額の約4割を占めているとも言われています。

 日本では、ソニーミュージックグループの中でキャラクタービジネスを展開するソニー・クリエイティブプロダクツが、2009年に「ピーナッツ」の国内独占エージェント権を獲得して以来、国内のライセンス展開を先導し、リテールを中心に市場を大きく成長させてまいりました。

 また、2016年4月には、米国以外では初となるオフィシャルミュージアムとして「スヌーピーミュージアム」を東京・六本木にオープンさせ、今年3月には来場者数が100万人を突破するなど、キャラクタービジネスの新領域を切り開くことにも成功しました。

 今後も、我々ソニーミュージックグループが持つリソースやIPビジネスのノウハウを活用しながら、シュルツ・ファミリーの皆さま、そしてCEOのマイケル・ドノバン氏を始めとする、ジョイントベンチャーパートナーのDHX Mediaとともに、「ピーナッツ」の素晴らしさをより多くの方々にお届けできることを喜びとして、尽力していきたいと考えております。



提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年10月22日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年10月22日号

<COVER STORY>
湯浅政明氏(アニメーション監督 サイエンスSARU 代表)
最大公約数の誰もがおもしろがれるところで
自分ができることを探りたい

<SPECIAL ISSUE>
「15th TIMM」開催、「ANiUTa」にも新たな動き
海外展開最新レポート

お問い合わせ

オリコントピックス