アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 7月の『池の水ぜんぶ抜く』は番組史上“初”づくし

7月の『池の水ぜんぶ抜く』は番組史上“初”づくし

 4月から月1回、レギュラー放送されているテレビ東京系『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』。22日(後7:54〜9:54)の放送では、沖縄と北海道に“初”上陸するなど、番組史上“初”づくし。沖縄では、俳優の福士蒼汰早乙女太一が“初”参戦する。

【写真】その他の写真を見る


 沖縄・ハーソー公園の親水貯水池には、福士、早乙女のほか、レギュラー出演者となったAKB48大家志津香とMCの田村淳田中直樹が集結。何もいないはずの貯水池の水を抜いたらニョロニョロと動く物体を発見。その正体は、長さ1.5メートルほどのオオウナギ。それを“網”や“素手”、さらに“体全体”を使って捕獲する。

 “初”上陸の北海道・帯広の森運動公園では、外来種のウチダザリガニが大量発生。そのため、在来種のニホンザリガニが絶滅の危機に瀕しているという。絶滅危惧種でもあるニホンザリガニを守るため、箕輪はるかが毎年駆除を行っているという地元の高校生とともに、ウチダザリガニの大量捕獲に挑んだ。

 千葉・南房総の1300年の歴史がある小松寺からのSOSには鈴木福が出動。地元の小学生と一緒に池の水を抜き、コイやザリガニ、壊滅的な数のブルーギルを捕獲した。この小松寺には、南総里美八犬伝のモデルになった里見家の埋蔵金が眠っているとの伝説があり、水の抜けた池で番組“初”となる金属探知機を使ってお宝調査を敢行した。

 千葉印旛沼周辺に1万6000匹いるといわれているカミツキガメ。前回、水路に罠を仕掛け、13匹の捕獲に成功した。今回は、MCの田村淳と田中直樹、あばれる君、大家、そして、テレビ東京アナウンサー軍団が、水位の下がった水路で、カミツキガメと直接対決。カミツキガメをついに、直接、手で捕獲するという番組“初”の快挙を成し遂げた模様も放送する。



関連写真

  • 7月22日放送、テレビ東京系『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』に福士蒼汰(左)と早乙女太一(右)が初参戦(C)テレビ東京
  • レギュラー出演になった大家志津香(沖縄で撮影)(C)テレビ東京
  • ロケに参加した(左から)植草朋樹・中垣正太郎・鷲見玲奈アナウンサー(C)テレビ東京
  • 7月22日放送、テレビ東京系『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』箕輪はるかが出動(C)テレビ東京
  • 7月22日放送、テレビ東京系『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』鈴木福が出動(C)テレビ東京

オリコントピックス