• ホーム
  • 芸能
  • 『京まふ2018』、22/7のコラボビジュアル披露 今年はステージプログラム過去最多

『京まふ2018』、22/7のコラボビジュアル披露 今年はステージプログラム過去最多

 9月15・16日に開催される『京都国際マンガ・アニメフェア2018』(以下:京まふ)の記者発表会がきょう11日、京都・北野天満宮の「紅梅殿」にて行われ、同イベントの出展者、出展作品、ステージラインナップ及び主催企画等の最新情報が発表された。

【写真】その他の写真を見る


 『京まふ』は、関西圏企業と首都圏企業を結ぶビジネスマッチングの場の創出、関西の若手クリエイターが育つための市場づくり、観光客の掘り起こしなどを目的に、2012年よりスタート。今年は出版社やアニメ制作会社、教育機関など60企業・団体が出展し、ステージプログラムは過去最多となる京まふステージ全13プログラム、オープンステージ全12プログラムを予定している。

 同日の発表会には、秋元康氏がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組んで総合プロデュースするデジタル声優アイドル・22/7(ナナブンノニジュウニ)が出席し、ステージラインナップの発表と「22/7×全国天満宮の総本社 北野天満宮」のコラボビジュアルもお披露目された。

 22/7は「この度は『京まふ2018』の応援サポーターに就任することができてとても光栄です。私たち自身も大好きなアニメや漫画、そしてずっと憧れていた『京まふ2018』を盛り上げていけるように精一杯頑張ってまいります。9 月16 日には私たち22/7 のステージもありますので、是非たくさんの方にご覧頂ければと思っております」とイベントをアピールしていた。


【京都国際マンガ・アニメフェア2018】
■公式サイト
http://kyomaf.kyoto/

■出展ゾーン(3F、1F)への出展者
(7月11日時点60企業・団体122.5小間 ※五十音順)
http://kyomaf.kyoto/exhibitions/exhibitors/

■出展作品(7月11日時点 38作品 ※50音順)
http://kyomaf.kyoto/exhibitions/exhibition_works/

■ステージプログラム
(京まふステージ・オープンステージ ※一部のプログラム後日発表)
http://kyomaf.kyoto/stage/kyomaf_stage/



関連写真

  • 『京まふ2018』22/7×北野天満宮のコラボビジュアル
  • 『京都国際マンガ・アニメフェア2018』記者発表会
  • 『京都国際マンガ・アニメフェア2018』記者発表会
  • 『京都国際マンガ・アニメフェア2018』記者発表会
  • 『京都国際マンガ・アニメフェア2018』
  • 『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』カフェが出店予定 (C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

オリコントピックス