アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『ジャンプミュージックフェスタ』初日レポート KANA-BOON、氣志團、サカナクションら出演

『ジャンプミュージックフェスタ』初日レポート KANA-BOON、氣志團、サカナクションら出演

 『音』でつくる『週刊少年ジャンプ50周年記念特別号』をコンセプトにした、ジャンプにゆかりのあるアーティストが出演するイベント『JUMP MUSIC FESTA』(ジャンプミュージックフェスタ)が、8日まで神奈川・横浜アリーナで開催。初日である7日、多くのジャンプファンが会場に詰めかけた。

【写真】その他の写真を見る


 7日は、KANA-BOON氣志團サカナクションDISH//BiSH04 Limited Sazabysが出演。MCは、『特捜警察ジャンポリス』に出演しているオリエンタルラジオと、幼少のころからジャンプを愛読してきたことで知られる生駒里奈が務めた。

 開演直後、フロントの大型ビジョンで出演メンバーが紹介されると拍手が沸き起こった。その後、白Tシャツルックで元気に登場した生駒は「生まれたときからのジャンプっ子です!」と自己紹介し、オリエンタルラジオの中田敦彦は「僕は開演前から物販ブースをウロウロしていました! いろんなアーティストのファンが来てました!」と報告した。

 生駒は乃木坂46AKB48メンバーだった時代に「煽り担当」だったということで今回も盛り上げ役に。会場に向かって「横浜アリーナ、盛り上がっていくゾー! イエ〜!」と絶叫すると、「イエ〜!!」のレスポンス。中田は「野太い声も甲高い声も聞こえた。男性、女性いい感じのバランスで来ていますね!」と笑顔を見せた。

 大型ビジョンでは、『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ(CV:田中真弓)、『NARUTO-ナルト-』のうずまきナルト(CV:竹内順子)、『銀魂』の坂田銀時(CV:杉田智和)をはじめとした、多くの人気キャラクターたちも登場。なかでも、坂田銀時の映像が登場した途端、大きな歓声が。生駒は「皆さんの推しキャラが出てきたときは悲鳴が聞こえましたね(笑))」とチェックを入れていた。

 トップバッターのKANA-BOONは、アニメ映画『BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-』の主題歌「ダイバー」からスタート。4曲目の「彷徨う日々とファンファーレ」では観客がノリノリに。「俺らはナルトとかボルトとかに関わらせてもらっていて。ナルトしかり、『ピューと吹く!ジャガー』しかり。ジャンプの漫画に人生のアレコレを教わってきました!」とジャンプへの想いを語りながら、「ナルトの曲をもう1曲やってもいいですか?」と、6曲目では楽曲「シルエット」を披露し、会場は大きな歓声で包まれた。

 MCタイムになると、生駒は「これはスゴイ! 1発目にここまで胸を熱くさせられるなんて!」と、感激の声とともに登場。これに中田は「嘘じゃなく、生駒さんは舞台袖で見ながらボロボロ泣いていました」と暴露。「1発目からこんなに泣いてると、これからずっと泣いてることになるよ」と心配しつつ「やっぱりジャンプってすごいよね。この調子だと今日はジャンプ好きの人たちはずっと泣いてますよ」と、この後の観客席の動向をも案じた。

 そんな中、ナルトのコスプレをしたオリエンタルラジオの藤森慎吾が登場。“口寄せの術”を使ってKANA-BOONを呼び、トークセッションを繰り広げた。KANA-BOONの谷口鮪は「トップバッターで気持ちよく歌わせていただきました。ペンライトを振ってくれて、皆さん温かくてよかった」と感謝。「ジャンプは小中高と学校帰りにずっと読んでいたので、このように50周年を一緒にお祝いできるなんて光栄です。初めてのアニメソングはナルトがいいですといっていたんですよ」と、ナルト愛を公言するメンバーらは喜びを爆発させた。

 2番目に登場したのは、“楽器を持たないパンクバンド”として人気を集める女性グループのBiSH。アニメ『ブラッククローバー』のオープニンググテーマ曲「PAiNT it BLACK」を、熱を込めた演出で続けて2回披露した。その後、「今日は横アリが世界で一番ギラギラした場所になりますように!」と願いを込めて、新曲ラブバラード「Life is beautiful」へ。透き通る声&エモーショナルなライブパフォーマンスで観客を魅了した。

 3番手には、ダンスロックバンドのDISH//が登場。アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のEDテーマ「FLAME」で、ボーカルの北村匠海さんが伸びやかな美声を響かせ、「I Can Hear」で会場の空気を支配すると、そのまま「横浜VIBRATION」で一気にヒートアップ。観客もタオル回しで大盛り上がり。

 4番手として登場したのはMCでもあるオリエンタルラジオ。彼らを中心に結成されたダンス&ボーカルユニット、RADIO FISHが登場し、iTunesのランキングで1位を獲得するなど大きな話題となったあの楽曲「PERFECT HUMAN」などを披露。中田の“パーフェクトヒューマンっぷり”に客席からは笑い声も聞こえたが、最後はハンズアップで手拍子も起きるほど、一体感のあるステージとなった。パフォーマンスをやり遂げた中田は「あっちゃんカッコイイの声が聞こえました!」とご満悦の様子。

 このほかRADIO FISHは、チームしゃちほことともに、コラボ曲「BURNING FESTIVAL」や、クリスタルキングの「愛をとりもどせ!!」(アニメ『北斗の拳』オープニング曲)カバーバージョンも披露し、存分にアニメファンを楽しませた。

 5番手の04 Limited Sazabysは、ドラマ『オー・マイ・ジャンプ! 〜少年ジャンプが地球を救う〜』OPテーマ「My HERO」などを披露。「ジャンプって発売日より早く売ってるお店があったよね。俺の家は田舎だったんだけど、書店とかコンビニとかじゃなくて、パン屋さんで一番早く売っていた。あれは何だったんだろう?」と思い出を振り返って会場を沸かしつつ、「ジャンプは全男子にとって初期衝動だと思ってる。ジャンプは僕たちにとって新しい世界や新しい言葉をいっぱい教えてくれるものでした」「少年のときのワクワクしていた感受性を失いたくなくて、こうやっていつまでも“冒険”みたいなバンドをやっているところがある。皆さんにもあの頃を思い出してほしくて…、今日は現代社会でパサパサになっている心を潤しにきました!」とコメントし、疾走感のあるセットリストで会場のテンションを上げた。

 6番手には氣志團、7番手にはサカナクションが登場し、圧巻のライブパフォーマンスを披露。氣志團は、「俺たちはジャンプのヒーローみたいに特殊な能力はないけれど、努力で何かを成し遂げる、そんなヒーローになりたいと思って今日まできました!」とあいさつ。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌「恋」とマッシュアップした摩訶不思議な「One Night Carnival」を披露したり、アニメ『ワンピース』の主題歌「ウィーキャン!」をともに歌うきただにひろしと、クリスタルキングの「愛をとりもどせ!!」をハモッたりと、豪華なパフォーマンスで会場を魅了し、MC陣からは「感動するのに面白い、面白いのに感動する。めちゃくちゃ勉強になった。映画1本見たくらいの満足度!」と感動のコメントが飛んだ。

 ラストのサカナクションは、荘厳な雰囲気で始まったかと思えば、激しく上下する照明の演出とともに、徐々にダンサブルなステージへと移行。「アルクアラウンド」「アイデンティティ」「多分、風。」などで会場が大きく揺れていき、「ルーキー」「新宝島」(映画『バクマン。』主題歌)で最高のボルテージを迎えた。ライブ終了後、サカナクションの大ファンだという中田は「ビショビショになるまで躍った!」とコメントすると、それに同調した観客たちも一斉に拍手!ほぼ全ての来場者が満足感を得ることができたイベントとなった。



関連写真

  • 『ジャンプミュージックフェスタ』初日に出演した氣志團
  • 『ジャンプミュージックフェスタ』初日に出演したKANA-BOON
  • 『ジャンプミュージックフェスタ』初日に出演したBiSH
  • 『ジャンプミュージックフェスタ』初日に出演したDISH
  • 『ジャンプミュージックフェスタ』初日に出演したRADIOFISH&チームしゃちほこ
  • 『ジャンプミュージックフェスタ』初日に出演した04 Limited Sazabys
  • 『ジャンプミュージックフェスタ』初日に出演したサカナクション
  • 『ジャンプミュージックフェスタ』初日に出演した生駒里奈

オリコントピックス