• ホーム
  • 芸能
  • 小野賢章、歴代『ジョジョ』声優“小野続き”に困惑?「決まった時は冗談かと」

小野賢章、歴代『ジョジョ』声優“小野続き”に困惑?「決まった時は冗談かと」

 声優の小野賢章中村悠一が5日、東京・イタリア文化会館で行われた『テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」ジャパンプレミア』に出席。同作のメインキャストに起用された2人は、歴代の『ジョジョ』を務めたキャスト、原作者・荒木飛呂彦氏からのコメントに喜んだ。

 同イベントは、10月に放送されるテレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』のメインキャスト発表会。ジョルノ・ジョバァーナ役を小野賢章、ブローノ・ブチャラティ役を中村悠一、パンナコッタ・フーゴ役を榎木淳弥、ナランチャ・ギルガ役を山下大輝、グイード・ミスタ役を鳥海浩輔、レオーネ・アバッキオ役を諏訪部順一が担当することが発表された。

 その中で小野と中村がイベントに登場し、起用された感想について小野は「やれるとしたらジョルノかなと思って。小野(大輔)、小野(友樹)と続いていたので、決まった時は冗談かなと思いました」とにっこり。中村は「第1部のオーディション時に風邪を引いてしまい『もう来なくていい』と言われて…」と苦い思い出を語ると、小野は「それは『黄金の風邪』だったのでは?」と、タイトルの『黄金の風』にかけてフォローし会場を笑わせた。

 第1話先行上映会ということもありアフレコはすでに3話まで終わっているそうで、小野は「『じゃない』が『じゃー、ない』みたいなセリフがあって、独特な言い回しに『あ、ジョジョをやっている!』と感じます」と感慨深いものがあることを告白。

 原作を読んで気になるキャラクターを聞かれた2人。小野は「ジョルノが元々好きで、さらに自分がジョルノを担当するということで、思い入れが強くなることを確信しています」、中村は「最後まで5部を読んだ時、アバッキオの昔の話のシーンが印象深い。そこでアバッキオという人物がわかる。アニメで諏訪部さんがどう演じるか楽しみです」と興奮気味に話した。

 続いて第1〜4部までの主人公・歴代『ジョジョ』演じた興津和幸杉田智和小野大輔小野友樹から電報が届いているということでMCが代読。興津は「いつのまにか『小野一族』の物語になっている」、杉田は「2部でジョセフ・ジョースター演じた小野智和です」と“小野イジり”。これに中村は「この二人は打ち合わせしていないですよね!?」と笑わせた。

 一方、第3部の“小野”大輔、第4部の“小野”友樹と、3作連続で主役声優が“小野”になったとについて、“小野”賢章は「それは僕に聞かれても…。小野というところは関係なく、僕は一生懸命頑張ります!」と意気込んだ。

 最後に原作者の荒木飛呂彦氏からVTRコメントが上映されて、中村は「実際に会ったことはなく、初めて写真じゃない先生を見ました。動いていても若いんだなと思いました」と58歳に見えない若々しさを保ち続けている姿に驚いていた。

 同作は、荒木氏による人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第5部で、前作第4部の2年後のイタリアが舞台。ジョースター家の宿敵・DIOの血を継ぐ息子の主人公“ジョルノ・ジョバァーナ”が、一人のギャングとの出会いによってギャングスターになることを夢見て、その過程で出会う仲間たちの生き様が描かれる。

■キャスト情報
ジョルノ・ジョバァーナ:小野賢章
ブローノ・ブチャラティ:中村悠一
パンナコッタ・フーゴ:榎木淳弥
ナランチャ・ギルガ:山下大輝
グイード・ミスタ:鳥海浩輔
レオーネ・アバッキオ:諏訪部順一



関連写真

  • (左から)小野賢章、中村悠一 (C)ORICON NewS inc.
  • 登場キャラクターが”ジョジョ立ち”でズラリ! (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス