アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 高橋一生&白石麻衣、初の上半期CM出演1位 サッカー日本代表2選手もランクイン

高橋一生&白石麻衣、初の上半期CM出演1位 サッカー日本代表2選手もランクイン

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは6日、『2018上半期タレントCM起用社数ランキング』を発表した。男性部門は俳優の高橋一生(10社)、女性部門は乃木坂46の白石麻衣(14社)と、両部門ともに初の1位が誕生した。

 映画やドラマで大ブレイク中の高橋は、昨年のトップ5以下からの大躍進。NTTドコモやキリンビール、P&Gなど爽やかなイメージにぴったりなCMに出演した。初の年間王者に向けて、好スタートを切っている。

 男性部門の2位(9社)は、昨年の年間1位だった俳優の遠藤憲一、昨年の上半期1位だった嵐の相葉雅紀、さらに同じく嵐の櫻井翔、二宮和也、そしてお笑い芸人の出川哲朗の5人がランクイン。3位(8社)はお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次、俳優の神木隆之介、西島秀俊、松重豊、相葉と並んで昨年上半期1位だった男子プロテニスの錦織圭選手など、多彩な顔ぶれがそろった。

 また、ロシアW杯でベスト16に進出したサッカー日本代表から、長友佑都選手と槙野智章選手が、ともに4位(7社)に登場。日本中に感動を与えた活躍から、下半期にさらなるCM出演増加も期待される。

 女性部門で初めて首位になった白石も、昨年7位以下から大きく上昇。ソロでは資生堂、CROOZ、ニベア花王など同世代の女性をターゲットにしたCM、グループではセブン-イレブン・ジャパンやLINEなど幅広い世代に向けたCMに多数起用された。また、同じ乃木坂46から西野七瀬が5位(10社)、齋藤飛鳥8位(7社)もランクインしている。

 女性部門の2位(13社)は昨年上半期1位だった女優の広瀬すず、3位(12社)は女優の有村架純。4位(11社)には女優の綾瀬はるか、モデルのローラ、お笑い芸人の渡辺直美ら同ランキング常連の人気タレントにならび、元AKB48で女優の川栄李奈も名を連ねた。

調査項目:テレビCMに出演している男女タレントの起用社数ランキング
調査期間:2018年1月1日〜6月30日
対象局:日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ(東京地区オンエア分)
・番組宣伝、本人出演の番組コラボCM、本人出演のCD/DVD/ゲーム・楽曲配信・映画CM、楽曲ビデオ内出演、ナレーションのみでの出演等は除く
・起用社数の集計は、各タレントの「契約期間」ではなく、「出演したCMが実際に放送されたかどうか」でカウント
・男女の分類については、実際の性別問わずキャラクターとしての男性枠、女性枠でカウント
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2017/0711.html)
■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • CM起用社数で1位を獲得した高橋一生 (C)ORICON NewS inc.
  • CM起用社数で1位を獲得した乃木坂46・白石麻衣 (C)ORICON NewS inc.
  • CM起用社数で1位を獲得した(左から)高橋一生、白石麻衣 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス