• ホーム
  • 芸能
  • レイザーラモンHG、前田敦子ネタ“誇張”のキンタロー。に金言 一発屋は「あのころのままを全力で」

レイザーラモンHG、前田敦子ネタ“誇張”のキンタロー。に金言 一発屋は「あのころのままを全力で」

 お笑いコンビ・レイザーラモンのレイザーラモンHG、お笑いタレントのキンタロー。が3日、都内でリフォームスタジオ『スニーカー修理新サービス』発表会にゲストとして参加。ハードゲイネタと「フォー」で一世を風靡(ふうび)したHGは、ネタを誇張していたキンタローに「アレンジし過ぎたらダメ」と諭した。

【写真】その他の写真を見る


 イベントでは「フォー」とは真逆で下に向かって手を広げながら絶叫する新ギャグ「フィー」を初披露。キンタローとのコラボも成功し「『フォー』に変わる新ギャグです。まさかの下ですよ」と得意げな顔だった。キンタローは「来年の流行語大賞を狙いましょう!」とオトボケ発言をして、HGは「なんで来年なんだよ。夏なのに年末気分か? 今年があるだろ!」とツッコんでいた。

 囲み取材では、キンタローのネタが話題に。『AKB48選抜総選挙』で前田敦子が発言した「私のことは嫌いでも、AKBは嫌いにならないでください!」というフレーズのものまねでブレークしたキンタローだが、この日に披露したものまねは叫びすぎて何を言っているかわからないようになっていた。これにHGは「あんなんだったっけ?」と苦笑い。キンタローは「ちょっとハリウッドザコシショウが入っちゃって。影響を受けちゃいました」と正直に告白。

 するとHGは諭すように「僕もこういう時期があったんです。(ハードゲイキャラを)5年、6年やってこじらせた。自信がなくなって『フォー』も手の位置が低くなった。でも、それを乗り越えてポジティブになれた」と体験談を交えながら「自分のギャグに飽きてくる。誰も笑ってくれないし。一発屋芸人には誰でも1回あります。それを乗り越えると全力でやる大切さがわかる」と語りかけた。

 キンタロー自身も「飽きちゃダメだよ」と助言を受けたこともあるという。HGは「飽きちゃダメ。アレンジし過ぎたらダメ。音楽も、そうなんですけど、あのころのままを聞きたい。でも、変にアレンジしちゃうアーティストとかいるじゃないですか。あれってダメなんです。あのころのままを全力でやらないと」ときっぱり。あっちゃんネタを再び見ると「原型がない。そこはダメ。純粋なまま、お届けしないと。そこは気をつけなくちゃ」と、ダメ出ししながらも金言を送るとキンタローは「気をつけます」と胸に響いていたようだった。

 新サービスは修理したいスニーカーのソールを52種類のソールから選べる「ドレスアップソール」というもの。HGは「スニーカー芸人のLINEグループに知らせます」とにっこり。ハードゲイネタで使うエナメル素材でできた靴について「靴底が『フォー』減りしているので、やってもらっていいですか?」とおねだりに成功すると、うきうき顔だった。



関連写真

  • 一発屋芸人の体験談を語った(左から)レイザーラモンHG、キンタロー。 (C)ORICON NewS inc.
  • HGの新ギャグ「フィー」をキンタロー。とコラボ (C)ORICON NewS inc.
  • リフォームスタジオ『スニーカー修理新サービス』発表会に参加したレイザーラモンHG (C)ORICON NewS inc.
  • リフォームスタジオ『スニーカー修理新サービス』発表会に参加したキンタロー。 (C)ORICON NewS inc.
  • ギャグを披露するキンタロー。=リフォームスタジオ『スニーカー修理新サービス』発表会 (C)ORICON NewS inc.
  • ギャグを披露するレイザーラモンHG=リフォームスタジオ『スニーカー修理新サービス』発表会 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス