• ホーム
  • 芸能
  • 綾野剛、浅野忠信の暴走演技に苦笑い「本当にひどい現場だったなぁ」

綾野剛、浅野忠信の暴走演技に苦笑い「本当にひどい現場だったなぁ」

 俳優の綾野剛が30日、都内で行われた映画『パンク侍、斬られて候』の初日舞台あいさつに登壇した。主演の綾野は共演陣が“暴走”した撮影現場を振り返りながら「本当にひどい現場だったなぁ」と言う言葉とは裏腹に、表情は幸せそうな笑みを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は町田康氏の小説を実写化。規格外の能力を持つ侍の掛が、自ら招いた大惨事に翻弄されるさまが描かれる。綾野は「(劇中に)まともな人間は1人もいません。そういった作品です。宣伝不可能と言い続けてましたが、みなさんに見ていただけて不可能が可能になる作品だな思います」と作品への思いを語った。

 登場人物がめちゃくちゃな分、演じる側も同様だったという。ある組織の極悪非道な元幹部で2人の付き人に自分の言葉を代弁させる茶山半郎を演じた浅野忠信も、その1人。

 綾野は「茶山が初めて出てくるシーンは全部アドリブ。いきなりタックルされて…。僕はせりふを言わなきゃだし、横で染谷将太が冷静にせりふ言ってるし…。ホントにカオス状態だった」と回顧。「(若葉竜也が演じた)オサムも急に奇声を上げるんで僕がドロップキックしたりして。本当にワケわかんない状態だったのに監督はニコニコして『OK』と。全然台本と違くて何がOKなんだと思った」と苦笑いした。

 さらに、浅野はしゃべらない役にも関わらず、いきなり「剛くん」と実名で呼びかけたことも。綾野が「ビックリしました」と告げると、浅野は「言った、俺? 役になりきってたからわからない」と知らんぷり。共演陣が総ツッコミする中、浅野は「取り憑かれてたとしか…。どうかしてたと思う」と話して笑わせた。綾野は「本当に笑っているのが使われている」と明かした。

 村上淳は綾野の意外な部分も暴露した。殺陣のシーンで絡み合ったそうで「役に入りきっていたんですけど、綾野くんの股間はすごくいいにおいがした。役に集中できないって思って素に戻っちゃうから『監督、止めてもらっていいですか』って(ストップした)。夏を告げる石けんのような…」とニヤリ。綾野は「なんでですか!  おかしいでしょ!」と照れていた。

 舞台あいさつにはほかに、北川景子東出昌大、染谷将太、永瀬正敏、若葉竜也、渋川清彦國村隼宮藤官九郎石井岳龍監督も登壇した。



関連写真

  • 主演映画『パンク侍、斬られて候』が初日を迎えた綾野剛 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『パンク侍、斬られて候』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • “暴走”演技を暴露された浅野忠信=映画『パンク侍、斬られて候』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 北川景子=映画『パンク侍、斬られて候』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 東出昌大=映画『パンク侍、斬られて候』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 永瀬正敏=映画『パンク侍、斬られて候』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 村上淳=映画『パンク侍、斬られて候』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 若葉竜也=映画『パンク侍、斬られて候』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 渋川清彦=映画『パンク侍、斬られて候』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 國村隼=映画『パンク侍、斬られて候』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 宮藤官九郎=映画『パンク侍、斬られて候』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス