• ホーム
  • 芸能
  • “通販王”保阪尚希、売るコツを芸能界で例える「タレントが物を売って売れる時代じゃない」

“通販王”保阪尚希、売るコツを芸能界で例える「タレントが物を売って売れる時代じゃない」

 俳優の保阪尚希が23日、都内で行われた『mercari Merci Fes.』(メルカリメルシーフェス)に出席。メルカリが設立から5周年を迎えることを記念して開催された同イベントで、物を売るコツについて「タレントが物を売って売れる時代じゃない」「商品に対してストーリー作りが大事」と芸能界の状況に例えてアドバイスした。

【写真】その他の写真を見る


 1990年代にトレンディー俳優として人気を博した後、大病を患ったことをきっかけに“健康”に開眼。「健康によい料理が簡単に作れる」と電子レンジ用調理器具を開発・販売したところ大ヒットし、今では年商10億円とも言われる“通販事業及び通販コンサルタント”として大成功を収めている保坂。

 売れるコツについて「自分の欲しいものを作るのが鉄則。企業で考えたら利益の追求なので。自分が最初のクレーマーで、サンプルを壊していくんですね。だけど、工場が壊れない物を出してきて、そのやり取りの繰り返し。ブラッシュアップしすぎて『3000円の商品なのにここまでやる?』ということはあります」と告白。

 さらに、「良いものを作っている方はたくさんいる。『絶対、良いものを作ったから売れる』というのは想いが強すぎて、難しい。我々タレントも商品。僕よりルックスが良くて演技がうまい人がいるけど、売れない人はいっぱいいる。なので、商品に対してストーリーを作ってあげる」とアドバイスし、「物は何も言わないが、タレントが商品を売りながら『自分も売りたい』という(アピールの)部分が出てくると、スターが2人出てくることになり売れない。タレントが物を売って売れる時代じゃない、5年くらい前にそれは終わりました」と熱弁した。

 俳優でありながら通販王の異名をとる今の肩書を聞かれると「基本的には俳優ですね。我々の世界は悪い役をやれば悪いやつと言われ、CMで良い人をやれば良いパパと呼ばれる。今、(自分に)求められているのが、通販とか商売で成功していることかなと。若手の芸能人や起業家が楽しんで夢を持ってもってくれたらいいと思います」と伝えた。

 俳優業に関しては「お話はいただくのですが、海外の取引とか仕事が忙しくてお断りしている状況。日本だと芸能人って名前だけで仕事が来ますけど、海外の場合は会いに行かなきゃいけない。そこで芸能の仕事が入ると迷惑を掛けてしまうので」と申し訳なさそうに語った。

 この日は、お笑いトリオ・パンサーも登壇した。



関連写真

  • 『mercari Merci Fes.』(メルカリメルシーフェス)に出席した保阪尚希 (C)ORICON NewS inc.
  • パンサーとともに商品をプレゼンする保阪尚希(左から2人目) (C)ORICON NewS inc.
  • 『mercari Merci Fes.』(メルカリメルシーフェス)に出席したパンサー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス