• ホーム
  • 芸能
  • 『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』大阪巡回が決定 描き下ろしキービジュアル公開

『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』大阪巡回が決定 描き下ろしキービジュアル公開

 8月24日から東京・国立新美術館で開催される『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』が、11月25日より大阪文化会館・天保山で巡回されることが21日、発表された。それに合わせ、荒木飛呂彦氏がそれぞれの会場のために描き下ろしたキービジュアルを公開した。

 同展は、荒木氏原作の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズが2017年に誕生30周年を迎えたのを記念して開催。個性豊かなスタンドとキャラクター、作品の世界観や影響力が波紋のように拡がっていく様を、最大規模の原画枚数、関係資料をもとに、多角的かつ斬新な手法を取り入れ展示し、過去に開催してきた展覧会の集大成の祭典に。最大の見どころは、荒木氏が新たに描き下ろした12枚の2メートルの大型新作原画で、同展のみの公開となる。

 また、音声ガイドでは、荒木氏による解説を交えながら、各展示コーナーの見どころをナビゲートする。

 東京会場は国立新美術館で8月24日から10月1日まで、大阪会場は大阪文化会館・天保山(海遊館となり)で11月25日から来年1月14日まで。チケットは完全日時指定制で、今月23日10時より販売がスタートする。



関連写真

  • 『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』東京会場キービジュアル (C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
  • 『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』大阪会場キービジュアル (C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

オリコントピックス