• ホーム
  • 芸能
  • 木村佳乃、『24時間テレビ』チャリティーパーソナリティー就任「青天の霹靂」

木村佳乃、『24時間テレビ』チャリティーパーソナリティー就任「青天の霹靂」

 女優の木村佳乃が8月25・26日放送の日本テレビ系『24時間テレビ41』でチャリティーパーソナリティーを務めることがわかった。18日放送の朝の情報番組『ZIP!』内で発表された。

 木村は2014年にスペシャルサポーターとして参加しているが、チャリティーパーソナリティーは今回初。番組からのオファーに「びっくりしました。青天の霹靂。まさか、と真顔になりました。でも0.1秒後には『受けさせていただきます』と決めました」と快諾。「本当に私でよいのだろうかという気持ちもありますが、びっくりして、うれしくて、やる気満々です」と早くも気合いが入っている。

 今年のメインパーソナリティーを務めるSexy Zone佐藤勝利とは同局連ドラ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』で共演済み。コンサートも鑑賞したそうで「メンバーがみんな若いので、24時間どころか48時間ぐらい、ピチピチで頑張ってくれるんじゃないかと。私はいつも夜10時には寝ているので、仮に眠くなったとしても助けてくれるのではないかと頼りにしています」と信頼を寄せた。

 今年のテーマは「人生を変えてくれた人」。自身がまず思い浮かぶのは「亡くなるまで一緒に暮らしていた祖母」だそうで、「子供の頃はいつも祖母のひざもとに座って、一緒にテレビでお相撲やマラソンを見たり、親から禁止されているお菓子をこっそり食べさせてくれたりした思い出があります」と懐かしんだ。

 祖母に言われて今も大切にしている言葉は「何事も、やらないで後悔するよりやったほうがいい」だという。「特に仕事をするようになって、この言葉はモットーにしています。まずはトライしてみようと。仕事を始めて、慣れないこと、できないことばかりですが、ここまで来れたのは祖母の言葉のおかげです」と感謝を込める。

 祖母の言葉を信条に、女優業だけでなく最近ではバラエティーでも身体を張ったチャレンジも話題に。「今年は私が、たくさんの愛と、たくさんの感動と、たくさんの笑いをお届けしたいと思います。頑張ります!」と約束した。

 総合プロデューサーの吉無田剛氏は、木村の芸人顔負けなガッツとともに「娘さんにたくさんの愛情を注いでいるお母さんとしての一面もあり、チャリティーパーソナリティーとして、さまざまな企画に“母親としての目線”で寄り添ったり、想いを伝えてもらったりすることにも期待しています」とコメントしている。



オリコントピックス