• ホーム
  • 音楽
  • 鈴木茂、学生時代のビブラートとの思い出を語る「指がプルプル震えていた」

鈴木茂、学生時代のビブラートとの思い出を語る「指がプルプル震えていた」

 元ロックバンド・はっぴいえんどのギタリストの鈴木茂が16日、都内で開催されたイベント『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』でトークショーを開催。自身のアーティストモデルの夢を語った。

【写真】その他の写真を見る


 1988年発売のエリック・クラプトンモデルから始まったフェンダーアーティストモデルの30周年を記念してのイベント。最新のFENDER CUSTOM SHOPの作品の中から選りすぐった約200本の逸品が一堂に会するギターファン垂涎のスペシャルな空間となった。

 伝説のギタリストのジミ・ヘンドリックスモデルやエリック・クラプトンモデルのギターを試奏。クラプトンのモデルはお気に入りのようだった。

 また、ギターについてのエピソードを披露。「僕は中学生のころにベンチャーズを聞いた。当時、イギリスのバンドが流行っていて、ビートルズとベンチャーズが有名だった。クリームとかも」と振り返る。

 「ジミヘンやクラプトンは音程に波があってビブラートがかかっているのはわかっていたけど、アームでやっていると思った」と当時を語り「あるとき、六本木にクリニックというイギリスのバンドが来た。テレキャスにアームがついてなくて『あれっ、どうやるんだろう』って思ったら指がプルプル震えて、そこで初めて指を震わせビブラートするのを知った。それが中学3年か高校生のときかなぁ。家に帰ってから、ずっとやっていましたね」と懐かしんだ。

 自身のモデルが出るとしたらの問いに鈴木は「今まで何十年も使ってきたストラトのフィエスタレッド。あれの再生産を。重さもちょうどよくて弾きやすくていい」と要望。カスタム部分については「ボリュームのところにコンデンサがついているんだけど自分の気に入ったものをつけてもらいたい」と話し「ギターを続けている人間には憧れですよね。自分のモデルができたら、どれだけ楽しいか」と思い描いていた。



関連写真

  • 『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』でトークショーを開催した鈴木茂 (C)ORICON NewS inc.
  • 『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』でトークショーを開催した鈴木茂 (C)ORICON NewS inc.
  • 『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』でトークショーを開催した鈴木茂 (C)ORICON NewS inc.
  • 『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』でトークショーを開催した鈴木茂 (C)ORICON NewS inc.
  • 『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』でトークショーを開催した鈴木茂 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス