• ホーム
  • 音楽
  • L’Arc〜en〜Ciel・Ken、ピックアップ職人の金言に胸打たれる「細かいことにこだわり過ぎていた」

L’Arc〜en〜Ciel・Ken、ピックアップ職人の金言に胸打たれる「細かいことにこだわり過ぎていた」

 ロックバンド・L’Arc〜en〜CielのKen(G)が16日、都内で開催されたイベント『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』でトークショーを開催。FENDERの“手巻きピックアップアーティスト”の金言にKenは「細かいことこだわり過ぎていた気がします」と胸を打たれた。

 1988年発売のエリック・クラプトンモデルから始まったフェンダーアーティストモデルの30周年を記念してのイベント。最新のFENDER CUSTOM SHOPの作品の中から選りすぐった約200本の逸品が一堂に会するギターファン垂涎のスペシャルな空間となった。

 トークショーでkenは、マスタービルダーのポール・ウォーラーさん、ピックアップマスターのホセフィーナ・カンポスさんとトーク。現在、販売されている「kenシグネチャーストラトキャスター・ ギャラクシーレッド」をホセフィーナさんのピックアップをポールさんが生で代えるという豪華なメンバーでカスタム。試し弾きしたkenは「弾きたくなる音。弦1本1本が聞こえるけど、突出して、どこというのがない。ビックリした」と驚きの表情を浮かべた。

 こだわりも語った。「自分の夢を語りすぎると行き過ぎる。ハイがほしいというと後で、そんなにいらなかったなってなる。もうちょっとミッドがほしいって思ったら邪魔になったりする。ギターやピックアップを作る方のバランス感覚の意見は重要だと思っている」と説明した。

 また、kenはホセフィーナさんの柔和な表情を見ると「こんな笑顔がステキな人がピックアップ作ってるんだ」としみじみ。「ピックアップ作るときは、もっと真剣な顔なんですか」と質問するとホセフィーナさんは「いつも笑顔を絶やさず。なので、こんなに音がいいんです」とにっこり。“伝説のピックアップアーティスト”として知られる師匠のアビゲイル・イバラさんから「心と愛を込めて」と教えられたとホセフィーナさんが明かすとkenは「目が覚めた気がします。細かいことにこだわり過ぎていた気がします。愛情を持ち続けるっていうことを教わりました」とうなっていた。

 ポールさん、ホセフィーナさんとは初対面だったが「素晴らしい音でした」とKenは感謝の言葉を口にして舞台を後にした。



関連写真

  • ギターを手にするL’Arc〜en〜CielのKen
  • ギターを手にするL’Arc〜en〜CielのKen
タグ

オリコントピックス