アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 男劇団 青山表参道Xが旗揚げ公演 飯島寛騎「すべてをお客さんにぶつけたい」

男劇団 青山表参道Xが旗揚げ公演 飯島寛騎「すべてをお客さんにぶつけたい」

 オスカープロモーション所属の若手俳優・モデルが集結した、男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」の旗揚げ公演『SHIRO TORA 〜beyond the time』が14日、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕した。

【写真】その他の写真を見る


 本番前の取材では、主演の飯島寛騎が「約1ヶ月全力でけいこをしてきました。そのすべてをお客さんにぶつけたいです」と意気込み。現代にタイムスリップをした白虎隊が廃部寸前の演劇部を救うという内容で、西銘駿は「白虎隊って悲しいイメージがあると思うんですけど、この舞台は殺陣、歌、ダンスと盛りだくさんで楽しんでもらえるはずです!」とアピールした。

 リーダーの栗山航は、全員同じ事務所のメンバーだからこそ「難しさはあるけど、近い存在だからやりやすかった」とコメント。記者から「そのチームワークのアドバイスをサッカー日本代表にお願いします」とお願いをされると、返答に困りつつも「全員で一緒にご飯を食べに行ってください! 僕らはみんなで食べに行って部活動の延長みたいでした」と伝えた。

 劇団の今後について、塩野瑛久は「劇団の名前が世に広まって、この劇団で大きな舞台に立ちたい。お客様にどう楽しんでもらえるかが一番大事」と目標を掲げた。

 同舞台は17日まで上演。今後は、男劇団 青山表参道X初のコラボレーションカフェが原宿に6月23日〜7月16日までの期間限定でオープンする。



関連写真

  • 男劇団 青山表参道Xの(左から)西銘駿、飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久
  • 旗揚げ公演となる『SHIRO TORA 〜beyond the time』が開幕した
  • 現代にタイムスリップをした白虎隊が廃部寸前の演劇部を救うというストーリー
  • 「男劇団 青山表参道X」の旗揚げ公演『SHIRO TORA 〜beyond the time』に出演する(左から)西銘駿、飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久
  • 「男劇団 青山表参道X」の旗揚げ公演『SHIRO TORA 〜beyond the time』が開幕した

オリコントピックス