• ホーム
  • 芸能
  • 田中真弓、『レイトン』出演決定 17日朝は『鬼太郎』『ワンピース』と“田中”一色に

田中真弓、『レイトン』出演決定 17日朝は『鬼太郎』『ワンピース』と“田中”一色に

 声優の田中真弓が、フジテレビで17日に放送されるテレビアニメ『レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜』『ゲゲゲの鬼太郎』『ワンピース』に、それぞれ連続して出演することが決定した。同一の声優が3番組に渡って出演するのは、同局の日曜朝のアニメ枠“アドベンチャーサンデー”初となる。

【写真】その他の写真を見る


 田中は『ワンピース』の主人公・モンキー・D・ルフィ役を19年に渡り担当し、『ドラゴンボール』のクリリン役、映画『天空の城ラピュタ』のパズー役などでも知られるレジェンド声優。今年4月から放送が始まった『ゲゲゲの鬼太郎』では、砂かけばばあ役でレギュラー出演している。

 そして、17日に放送される『レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜』で、事件のカギを握るしゃべる九官鳥・プリスケ役で出演することが決定。その後に放送が続く『ゲゲゲの鬼太郎』、『ワンピース』に出演し、鳥、妖怪、少年と全く違う役柄を演じ分け、17日の朝は“田中”一色となる。

 田中は「ありがとうございます! 声優冥利につきます。今回初めて演じたプリスケは、全く違う“鳥”という役で、3つの役のバランスがちょうどよくて演じていても楽しかったです。比較的少年と豚と鳥は得意なので」と笑い、「オファーをいただいた時も『あー鳥ね!』、としっくり来ました。過去には『カァ〜』って言うだけでせりふのないカラスの役もやったことがあるけど、今回は日本語を喋る鳥だから、感情も出しやすかったですね」と振り返った。

 さらに、「『ワンピース』はほぼ地声でやらせてもらっているので、いつも通りに。この回のみどころはやっぱりシーザーですね。『鬼太郎』は名実ともに砂かけばばあにちょうど良い年齢に差し掛かってきたので、楽しんでやっていますがこの前カッパから『砂かけばばあさん』と呼ばれた時は少し複雑な心境でしたね。全然違う3役を演じていますので、田中真弓だってバレないといいな。どう、バレた?(笑)」と語った。

■放送情報
『レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜』:毎週日曜 午前8時半から
『ゲゲゲの鬼太郎』第6期:毎週日曜 午前9時から
『ワンピース』:毎週日曜 午前9時半から



関連写真

  • 田中真弓、アニメ『レイトン』『鬼太郎』『ワンピース』出演
  • 田中真弓、アニメ『レイトン』『鬼太郎』『ワンピース』出演
  • 田中真弓、アニメ『レイトン』『鬼太郎』『ワンピース』出演

オリコントピックス