• ホーム
  • 芸能
  • 片岡鶴太郎、おでんをネタに30分の落語披露「ダチョウの上島は贋作(がんさく)です」

片岡鶴太郎、おでんをネタに30分の落語披露「ダチョウの上島は贋作(がんさく)です」

 俳優で画家の片岡鶴太郎が8日、東京・時事通信ホールで行われた、爆笑問題が所属する事務所のお笑いライブ『タイタンライブ』6月公演にスペシャルゲストとして出演。同ライブの2月公演への出演がインフルエンザのため直前で取りやめになったが、この日は万全の体調で舞台に上がり、30分以上におよぶ落語を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 片岡は冒頭で「本来は2月に出演させていただくはずだったんですけど、生まれて初めてインフルエンザにかかりまして…『ヨガやっているくせにインフルエンザになりやがって』と言われました」と自虐を交えながらあいさつ。「ヨガをやっているからって病気にならないわけじゃないんです」と訴えると会場がどっと湧いた。

 ダチョウ倶楽部の十八番である“おでん芸”の元祖として知られる片岡だが、『オレたちひょうきん族』で初めて挑戦したときのエピソードを“まくら”に使い「みなさん、熱々のちくわを口に入れたことはありますか? ダチョウの上島(竜兵)は贋作(がんさく)です」と洒落を利かせながら訴えて、本題へと入った。その後は得意の物まねを交えながら、自らの世界観へと引き込んでいった片岡。古典落語「時そば」を大胆に脚色した「時おでん」で魅了した。

 2ヶ月に1度、同所で行われている『タイタンライブ』では、爆笑問題をはじめとした人気芸人たちが出演。全国の17映画館で同時生中継しており、お笑い好きのみならず、お笑いイベントの会場に足を運んだことのない層にも「気軽にライブを体感できる」と好評を博している。今回は、同事務所の日本エレキテル連合ウエストランドのほかに、南海キャンディーズかもめんたるらがゲスト出演した。

 TBSラジオの人気枠「JUNK」で火曜日(爆笑問題)と水曜日(山里亮太)のパーソナリティーをそれぞれ務めているが、同局のイベント『ラジフェス』で対面する度に太田光が山里のメガネを客席に投げ入れることが恒例行事に。昨年の『ラジフェス』では2度にわたって投げ捨て、メガネを完璧に破壊するという暴挙に出ていたが、この日のライブの最後には山里が太田からもらった“お詫び”のメガネを着用して登壇した。

 山里が「これすげーダサいんですよ。だけど、太田さんからのプレゼントだから『ダサい』って言っちゃいけないなと思ったんですけど『あれ、ボケだったんだよ』って言われて…」とクレームを入れると、太田が「だって潰れそうな店で買ったんだから」とニンマリ。山里が「度も合ってないし」と嘆くと、続けて「だって、度も適当だから」とラジオ好きにとってはたまらないやりとりを見せていた。



関連写真

  • お笑いライブ『タイタンライブ』6月公演に出演した片岡鶴太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • お笑いライブ『タイタンライブ』6月公演に出演した爆笑問題 (C)ORICON NewS inc.
  • お笑いライブ『タイタンライブ』6月公演に出演した南海キャンディーズ (C)ORICON NewS inc.
  • お笑いライブ『タイタンライブ』6月公演に出演したかもめんたる (C)ORICON NewS inc.
  • 太田からプレゼントされたメガネを着用した山里亮太 (C)ORICON NewS inc.
  • お笑いライブ『タイタンライブ』6月公演の様子(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス