• ホーム
  • 芸能
  • 池井戸潤氏「下町ロケット」最新第3弾『ゴースト』7・20発売 第2弾文庫化も決定

池井戸潤氏「下町ロケット」最新第3弾『ゴースト』7・20発売 第2弾文庫化も決定

 人気作家・池井戸潤氏の人気シリーズ「下町ロケット」の第3弾『下町ロケット ゴースト』が、7月20日発売されることが決定した。ドラマ化もされた人気作品の最新作で、佃製作所の新たな戦いの幕が上がる。

 同作は、研究者の道をあきらめて家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平が、商売敵からの特許侵害の訴訟で窮しながらも、夢を諦めずに戦う姿を描いた企業エンターテインメント長編。第145回(平成23年度上半期)の直木賞を受賞、2015年10月期には阿部寛主演でドラマ化され高視聴率を記録、放送中に発売された第2弾『下町ロケット ガウディ計画』も大ヒットし、シリーズ累計は218万部を突破している。

 第3弾も、佃製作所はのっけから窮地に陥る。いまや佃製作所のシンボルとなったロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非常な通告、そして番頭殿村に訪れた危機…。そんな絶体絶命のピンチを乗り切るため、佃航平は意外な決断を下す。

 これまでも佃や製作所のメンバーたちの決して諦めない姿勢や、ものづくりを通して成長していく姿が多くの人に夢と希望を与えてきた「下町ロケット」シリーズ。最新刊でもおおきな挫折を味わった者たちの熱きプライドに、多くの人が胸を打たれるだろう。

 第3弾の発売に先駆け、第2弾「ガウディ計画」の文庫が7月6日に発売されることも決定した。



タグ

オリコントピックス