• ホーム
  • 音楽
  • SURFACE「ただいま!」8年ぶり再始動ライブで3000人歓喜

SURFACE「ただいま!」8年ぶり再始動ライブで3000人歓喜

 2010年6月に解散した男性2人組ユニット・SURFACE(サーフィス)が27日、東京・豊洲PITでデビュー20周年記念ライブを行い、8年ぶりに再始動した。

【写真】その他の写真を見る


 ボーカルの椎名慶治(42)はソロとして、ギターの永谷喬夫(41)はコンポーザーとして活動してきたが、デビュー20周年記念日に再始動。チケットは即日完売となり、会場にはこの日を待ち焦がれていた3000人のファンの歓喜と熱気が充満した。

 椎名は「サーフィスです! 8年間も道に迷っちゃってさ…ただいま!」とあいさつ。永谷は「8年の休みを経て20周年。いざ立ってみてさ、みんなの前に立ててよかったです」と万感を込めてファンに語りかけた。

 2010年の解散時に作った「CHANGE」で幕を開け、お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのネタでもおなじみとなった「さぁ」、デビュー曲でドラマ『ショムニ』の挿入歌「それじゃあバイバイ」など代表曲も披露した。

 この日のために作ったという新曲「LIKE a CAT」は、椎名が作詞、永谷がアレンジを仕上げて持ち寄り、完成させたことを明かし、「できあがった曲はやっぱりSURFACEそのものだった」と胸を張った。

 Wアンコールまで全23曲をパフォーマンスしたSURFACEは、9月8日に東京・マイナビBLITZ赤坂で永谷のバースデーライブ『SURFACE LIVE 2018「FACES #1」』を開催することを発表した。



関連写真

  • デビュー20周年記念日に再始動したSURFACE
  • 8年ぶりのライブで23曲を熱演
  • 椎名慶治「8年間も道に迷っちゃってさ…ただいま!」
  • デビュー20周年記念日に再始動したSURFACE
  • デビュー20周年記念日に再始動したSURFACE
  • デビュー20周年記念日に再始動したSURFACE

オリコントピックス