• ホーム
  • 音楽
  • MONGOL800の名曲『小さな恋のうた』実写映画化

MONGOL800の名曲『小さな恋のうた』実写映画化

 今年デビュー20周年を迎えたMONGOL800(通称「モンパチ」)の名曲「小さな恋のうた」などからインスピレーションを受けた実写映画の製作が始動した。

 モンパチは、上江洌清作(Vo&B)、儀間崇(G)、高里悟(Dr)による沖縄出身のスリーピースロックバンド。1998年に活動を開始して以来、故郷の沖縄をずっと活動の拠点にし、作品の発表とライブを中心に活動をしている。

 2001年に発売された2ndアルバム『MESSAGE』が、インディーズながら週間ランキング1位を獲得し注目された。この2ndアルバムに収録されていたのが「小さな恋のうた」。07年放送の山下智久長澤まさみが主演したドラマ『プロポーズ大作戦』(フジテレビ)に挿入歌として使用されたことでも知られている。シングルカットされていないにもかかわらず、さまざまなアーティストによりカバーされ、20代から30代の認知はもちろんのこと、幅広年齢層から愛され、歌い継がれている国民的ヒットソングだ。

 今回の実写映画化は、今月19日に沖縄・宜野湾HUMAN STAGEで行われた、20周年アニバーサリー企画第1弾の全国ツアー『GO ON AS YOU ARE』の初日のステージで、メンバーの口から発表された。「モンパチハタチのスペシャル企画。20年ずっと皆に歌ってもらってきたこの曲が映画になる事が決定しました!! その名も映画『小さな恋のうた』。詳細はコレからなので、今日は映画化決定!!の一報だけみんなに報告させて下さい。新着情報は随時お伝えしていきます! 皆で映画もライブも盛り上げてもらっていいですかー!!」とメンバーの期待も大きいプロジェクトとなっている。



オリコントピックス