• ホーム
  • 映画
  • 『ジュラシック・ワールド』 玉木宏&木村佳乃が吹替声優を続投

『ジュラシック・ワールド』 玉木宏&木村佳乃が吹替声優を続投

 俳優の玉木宏、女優の木村佳乃が28日、都内で行われた映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(7月13日公開)の記者会見に出席。前作『ジュラシック・ワールド』(2015年)に引き続き、今作でも日本語吹替キャストを務めることが発表された。

【写真】その他の写真を見る


 3年ぶりに主人公・オーウェンを演じることとなった玉木。「再び世界中の誰もが知っている大作に参加させて頂き、純粋にうれしい。3年分のものも構築しながら演じられたら」と笑顔を浮かべると「3年前より体力が増えてると思う。それは自信を持って言えるし、さらにパワーアップして(収録に)臨みたい」と決意新たに語った。

 木村が声を吹き込むクレアは、今作で恐竜保護団体(DPG)を立ち上げる。「叫び声、あえぎ声、うめき声が多いらしいです」と笑いながら明かすと「実際のキャストさんと違い、動きではなく声で表現しないといけない。前回の収録では、声を潰してしまった。今回は声を潰さないよう最後までやり遂げたい」と力強く誓った。

 また、新キャストとして俳優の満島真之介、声優の石川由依、子役の住田萌乃も参加する。DPGのメンバー・フランクリン役の満島は「まさかするとは思わなかった。恐竜の鳴き声をするのかなと思っていたら、しっかりと役を頂けた」と喜びを爆発させていた。

 同作は、テーマパーク“ジュラシック・ワールド”が舞台。イスラ・ヌブラル島で火山の大噴火の予兆が捉えられていた。恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(プラット)は、テーマパークの運営責任者だったクレア(ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意し、再び島に向かう…。



関連写真

  • 『ジュラシック・ワールド』の吹替声優を続投する(左から)玉木宏、木村佳乃(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)住田萌乃、石川由依、玉木宏、木村佳乃、満島真之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の記者会見に出席した玉木宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の記者会見に出席した木村佳乃 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の記者会見に出席した満島真之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の記者会見に出席した(左から)住田萌乃、石川由依 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス