• ホーム
  • 芸能
  • 郷ひろみ、西城さんへ弔辞 声詰まらせ「秀樹の背中を見て、歌い続けたい」

郷ひろみ、西城さんへ弔辞 声詰まらせ「秀樹の背中を見て、歌い続けたい」

 16日に急性心不全のため亡くなった歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、享年・63)さんの告別式が26日の午前11時より、しめやかに営まれた。西城さん・野口五郎(62)とともに「新御三家」として親しまれた郷ひろみ(62)は、時おり声をつまらせながら弔辞を読み上げた。

【写真】その他の写真を見る


■郷ひろみ 弔辞

これが僕から秀樹に贈る最初で最後の手紙になります。
秀樹、五郎、そして僕。新御三家と呼ばれて気がついたら45年以上の月日が流れていました。秀樹と五郎は僕より先にデビューしていて、何もわからず芸能界に飛び込んだ僕は、2人の背中を見て歩んでいくのがやっとでした。

あの頃、毎日のように音楽番組があって、2人は当たり前のようにそばにいて、僕の中では2人のことをライバルと思ったことは1度もなく、同じ世代を駆け抜けていく同志という思いでした。

1978年、日本レコード大賞で、秀樹と五郎の2人が金賞、僕ひとりだけ名前を呼ばれることはありませんでした。その時の思いがバネになって、翌年、日本レコード大賞で大衆賞を取ることができました。2人がいたから、受賞することができたと思っています。

本当にファンのことを第一に考えて、自分の人生をダイナミックに生きる人だと感動しました。

2016年、ある雑誌の対談で本当に久しぶりに顔を合わせました。秀樹は大病を患っているにもかかわらず、力を振り絞って、そこに駆けつけてくれて、ひとつひとつの言葉を大切に伝えてくれました。僕は非常に心を打たれましたが、残念なことにそれが秀樹を見た最期になってしまいました。

あの時、対談の中で「ここまで歌を続けてきたんだから、感謝の気持ちをもって、歌い続けていこう」と握手しました。秀樹が天国に行ってしまって、本当に残念です。日本中の人々から愛された秀樹の歌、そして笑顔。これはこれからも人々の心の中にしっかりと刻まれていくことでしょう。

僕は秀樹のことを兄貴だという風に思っていました。五郎が長男で秀樹が次男、僕が三男。その思いは今でも変わっていません。これからも秀樹の背中を見て、心の中でそう思って、ずっと歌を歌い続けていきたいと思っています。今まで本当にありがとう。そして、安らかに眠ってください。

-----

 祭壇には、1974年にソロ歌手で日本初となる単独野球場コンサートを開催した「大阪球場」が再現された。外野スタンドをモチーフに照明や、色鮮やかな花が約1000本添えられ、西城さんが常に愛用したマイクとスタンドも飾られた。遺影は2001年に撮影。ファン向けの祭壇も特設された。

 西城さんは、広島県出身。1972年に「恋する季節」で歌手デビュー。翌年には「ちぎれた愛」、その後も「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をはじめ、「薔薇の鎖」「ギャランドゥ」などの人気曲を歌った。また、トップアイドルの仲間入りを果たし、郷、野口とともに「新御三家」と呼ばれた。48歳だった2003年、56歳だった2011年に脳梗塞を発症。2度目の脳梗塞では右半身まひという後遺症を負ったが、復帰に向けてリハビリに励んでいた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 西城秀樹さん葬儀に参列した郷ひろみ (C)ORICON NewS inc.
  • 西城秀樹さん葬儀に参列した野口五郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス