• ホーム
  • 芸能
  • カラテカ入江、本業より好調? 今や週4で講演会「どこに向かってるか分からない」

カラテカ入江、本業より好調? 今や週4で講演会「どこに向かってるか分からない」

 お笑いコンビ・カラテカ入江慎也(41)が24日、都内で自著『入江式のしあがる力。』(ゴマブックス)の刊行記念講演会に出席した。

カラテカ入江、再入院で禁酒「合コンに行けていない…」


 同書では、入江が経営者らとの交流で培った「ビジネスでのしあがるための35の方法」を紹介。この日は、就職・転職を考えている読者を対象に“デキる社会人”の心得をレクチャーした。

 世渡りの秘訣として「サービス精神が一番大切」と強調した入江は「相手のことをどれだけ考えるかが大事なんですよ。僕は“WBC”をテーマに掲げてる。『W(笑い)B(びっくり)C(チェック)』。明るかったらチャンスが来るし、良いオーラが出る。暗かったら全てが終わっちゃう」と熱弁した。

 約1時間、途切れることのないトークで講演会を務めた。手慣れた様子で“客いじり”も織り交ぜ「3年前くらいから講演会の仕事が増えてきて、今では週4回くらいは講演会。地方でもかなりやってる」と明かすと「自分がどこの方向に向かってるか分からなくなってる」と笑い飛ばしていた。



関連写真

  • 自著『入江式のしあがる力。』の刊行記念講演会に出席したカラテカの入江慎也 (C)ORICON NewS inc.
  • 自著『入江式のしあがる力。』の刊行記念講演会に出席したカラテカの入江慎也 (C)ORICON NewS inc.
  • 自著『入江式のしあがる力。』の刊行記念講演会に出席したカラテカの入江慎也 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス