• ホーム
  • 芸能
  • 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

 登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが35歳で亡くなった。エベレスト下山途中だったところを遺体で発見されたとして、所属事務所が日本時間21日、栗城さんのブログで伝えた。

登山家・栗城史多氏が活動再開 同行カメラマン死因は「くも膜下出血」


 ブログでは事務所代表が栗城さんの訃報を伝えた。「このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました。下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことからキャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました」と明かしている。

 また、「生きて帰ることを誓っておりましたのに、このような結果になり大変申し訳ございません。生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、最後に執着してしまったのかもしれません。皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、心よりお詫び申し上げます」と無念をつづった。

 「何メートル地点で発見されたかなどこれ以上の詳細が日本でわからず大変恐縮ですが、またわかり次第お知らせ申し上げます。これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました」とし、一旦報告を結んだ。

 栗城さんは、2012年秋季エベレストで重度の凍傷になり手の指9本を失うも、14年に8000メートル峰を単独無酸素で登頂し復帰。エベレスト登頂は今回が8度目の挑戦だった。



オリコントピックス