• ホーム
  • 芸能
  • 高畑勲監督お別れの会、3200人が献花 宮崎駿監督、久石譲氏も涙

高畑勲監督お別れの会、3200人が献花 宮崎駿監督、久石譲氏も涙

 4月5日に肺がんのため亡くなったアニメーション映画監督・高畑勲さん(享年82)のお別れの会が15日、東京・三鷹の森ジブリ美術館で執り行われた。地下1階から地上2階まで吹き抜けになっている中央ホールに、約2000本の草花で飾られた祭壇が設けられ、2010年に撮影された高畑監督の遺影が、やさしく微笑む。長年、コンビを組んできた宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサーが「スタジオジブリとして盛大なお別れの会で見送りたい」と願ったとおり、関係者1200人、一般のファン2000人が献花に訪れた。

【写真】その他の写真を見る


 お別れの会の委員長でもある宮崎監督は開会の辞として、「追悼文という形ではありませんが、書いてきたものを読ませていただきます」と、何度も涙で言葉をつまらせながら読み上げた。「パクさんは95歳まで生きると思い込んでいた。そのパクさんが亡くなってしまった。自分にもあんまり時間がないんだなと思う」という言葉がズシリと響いた。

 その後は、「1963年、パクさんが27歳、僕が22歳のとき、僕らは初めて出会いました。その時はじめて、言葉を交わしたことを僕は今でも覚えています」「55年前のことなのに、なぜはっきり覚えているのだろう」と、高畑監督と出会った日から、初めて一緒に作品を作った映画『太陽の王子 ホルスの大冒険』(高畑監督の初監督作品)の話に終始した。

 「パクさん、僕らは精いっぱいあの時生きたんだ。膝を折らなかったパクさんの姿勢は 僕らのものだったんだ。ありがとう。55年前にあの雨上がりのバス停でパクさんに声を掛けてもらったことは忘れない」と、宮崎監督。それは、高畑監督にとっても、宮崎監督にとっても、その後の人生を大きく左右する忘れられない日々。まさに“青春”だったのだろう。

 お別れの会の後、取材に応じた鈴木プロデューサーは「(弔辞は)1ヶ月くらいかけて書いたんです。予行練習から泣いていたから大丈夫かなって思ったら、泣いちゃいましたね」と、宮崎監督をいたわった。「(高畑、宮崎の関係は)そんな美しい関係じゃない、ライバルですよ。ある時は師匠であり、先輩であり、友人。高畑さんがいたから宮さんも頑張れた。宮さんがいたから高畑さんも頑張れた。そういう関係だと思う。あとは、残った宮さんと僕、どっちが先に死ぬかですよね」という鈴木敏夫節もいつものようには笑えなかった。

 「もう一本『平家物語』をどうしてもやりたいって言っていたけれど、できなくて残念です。(高畑さんとの日々は)タヌキとキツネの化かし合いですよ。印象深いのは全部。一度も褒めてくれなかったな。監督とプロデューサーって、作品を作るうえでは共同事業者。2人が仲良くしたら作品は作れないので、毎回議論、戦いでした」と、さまざまな思いをかみしめていた。

 ほかに、『太陽の王子 ホルスの大冒険』で作画監督を務めた大塚康生氏、同作で動画を担当した小田部羊一氏、『風の谷のナウシカ』(84年)から『風立ちぬ』(2013年)までの宮崎監督全作品のほか、高畑監督の『かぐや姫の物語』などの音楽を担当した作曲家の久石譲氏、高畑監督が最後に携わった映画『レッドタートル ある島の物語』のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督がそれぞれお別れの言葉を述べ、お別れの歌として、広島在住のシンガーソングライター・二階堂和美が『かぐや姫の物語』の主題歌「いのちの記憶」を独唱。参列者の涙を誘っていた。

 久石氏は「高畑さんとは『風の谷のナウシカ』の時にお会いしました。宮崎さんは作画で忙しかったので、音楽は高畑さんと長時間のミーティングを何回もしました。当時、無名だった僕を起用していただいて、今日(こんにち)があるのは高畑さんのおかげです」と、感謝を述べ、「『天空の城ラピュタ』の時は、宮崎さんからいただいた詞を高畑さんと2人でメロディーにはめていく作業をやりました。いま、世界中の人に歌っていただいている『君をのせて』は高畑さんがいなかったら完成しなかった。高畑さんは僕の中では生きています。またいつかどこかで会いましょう」と、故人を偲んでいた。

 お別れの会には、山田洋次監督、押井守監督、岩井俊二監督、樋口真嗣監督、女優の宮本信子竹下景子瀧本美織柳葉敏郎益岡徹野々村真、柳家小三治、本名陽子福澤朗アナウンサーらも参列していた。



関連写真

  • 「温かみのある草花たちで包み込みたい」という宮崎監督の想いで飾られた祭壇
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様(左から)宮崎駿監督、鈴木敏夫プロデューサー
  • お別れの言葉を寄せた音楽家の久石譲
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会 (C)ORICON NewS inc.
  • 高畑勲さんとの思い出を涙ながらに語った宮崎駿監督
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様=高畑さんの初監督作『太陽の応じ ホルスの大冒険』(1976年)で作画監督を務めた大塚康生氏
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様=高畑さんの初監督作『太陽の応じ ホルスの大冒険』(1976年)で作画監督を務めた大塚康生氏
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様=お別れの言葉を寄せたマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット(『レッドタートル ある島の物語』の監督)
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様=お別れの歌として、『かぐや姫の物語』の主題歌「いのちの記憶」を歌った二階堂和美
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様=親族を代表して喪主の高畑耕介氏があいさつ
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様=主催者を代表して最後にあいさつした鈴木敏夫プロデューサー
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様=宮崎駿監督による献花
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様=鈴木敏夫プロデューサーによる献花
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会が行われた三鷹の森ジブリ美術館(C)ORICON NewS inc.
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様=入り口で参列者を迎える宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサー
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 映画監督・高畑勲さんのお別れ会の模様
  • 『平成狸合戦ぽんぽこ』 (C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH
  • 『ホーホケキョ となりの山田くん』 (C)1999 いしいひさいち・畑事務所・Studio Ghibli・NHD
  • 『ホーホケキョ となりの山田くん』 (C)1999 いしいひさいち・畑事務所・Studio Ghibli・NHD
  • 『かぐや姫の物語』 (C)2013 畑事務所・Studio Ghibli・NDHDMTK
  • 『かぐや姫の物語』 (C)2013 畑事務所・Studio Ghibli・NDHDMTK
  • 『おもひでぽろぽろ』 (C)1991 岡本螢・刀根夕子・Studio Ghibli・NH
  • 『おもひでぽろぽろ』 (C)1991 岡本螢・刀根夕子・Studio Ghibli・NH
  • 『平成狸合戦ぽんぽこ』 (C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH
  • 『かぐや姫の物語』 (C)2013 畑事務所・Studio Ghibli・NDHDMTK
  • 『おもひでぽろぽろ』 (C)1991 岡本螢・刀根夕子・Studio Ghibli・NH
  • 『平成狸合戦ぽんぽこ』 (C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH
  • 『ホーホケキョ となりの山田くん』 (C)1999 いしいひさいち・畑事務所・Studio Ghibli・NHD

オリコントピックス