• ホーム
  • 芸能
  • 竹内涼真、TBS系W杯スペシャルサポーター就任「泣きそうになるほどうれしかった」

竹内涼真、TBS系W杯スペシャルサポーター就任「泣きそうになるほどうれしかった」

 俳優の竹内涼真が、6月に開幕する「FIFAワールドカップ」のTBS系中継のスペシャルサポーターに就任した。かつて東京ヴェルディユースに所属し、サッカー推薦で大学に進学するほど本格的に取り組んでいた竹内は、大会期間中に開催国のロシアに渡り、日本代表の取材も行う。

【写真】その他の写真を見る


 竹内は大役抜てきに「このお話をいただいた時、泣きそうになるほどうれしかったです。サッカーをやってきただけに、サッカー関連の仕事が一番、緊張するんです。いっぱい勉強して、ワールドカップの魅力をお伝えできるように頑張ります!」と意気込んでいる。

 スペシャルサポーターの初仕事として、12日放送の『炎の体育会TV』(後7:00)に出演し、意気込みを熱く語ると共に、「キックターゲット100秒チャレンジ」に挑戦する。

 なお、同局のメインキャスターは5大会連続で加藤浩次が務める。



関連写真

  • TBS系W杯スペシャルサポーターに就任した竹内涼真 (C)TBS
  • TBS系W杯スペシャルサポーターに就任した竹内涼真 (C)TBS
  • TBS系W杯スペシャルサポーターに就任した竹内涼真 (C)TBS

オリコントピックス