• ホーム
  • 芸能
  • 【TOKIO会見】松岡昌宏、涙で葛藤明かす 「TOKIOなくしたほうがいい」との思いも

【TOKIO会見】松岡昌宏、涙で葛藤明かす 「TOKIOなくしたほうがいい」との思いも

 人気グループ・TOKIO山口達也が東京地検より不起訴(起訴猶予処分)となったことを受け、他メンバーであるTOKIOの城島茂(47)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、午後2時より都内で緊急会見を開催。冒頭あいさつで松岡は、言葉を詰まらせながら「うちの山口の事件で本当に被害をお受けにった方、そのご家族の方。そして今までTOKIOを支えてくださった関係者の方々、ずっと応援してくださったファンの方々。本当に申し訳なく、情けない気持ちでいっぱいです…」と目に涙を浮かべた。

 一人ずつスーツ姿で登壇した4人はそれぞれ深々と礼。冒頭、城島は被害者の女性及び家族に向け「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪、続いて関係者やファンに向けもう一度頭を下げた。

 山口の会見を見た松岡は「みなさんが、ご指摘された『まだ席があるなら帰りたい』という発言を目にしたとき、山口の彼の甘ったれた意見はどこから生まれたものなのかと正直思いました。あの時の彼は自分ががけっぷちではなく、自分が崖の下にいることに気づいてなかった。そういったいろんなことから生まれてくる甘えの根源はなんだろうと考えました」と吐露。

 30日に山口と会った際に「正直、あなたは病気。今後のことにちゃんと向き合ってくれと。お酒が悪いんじゃない。あなたが悪いんだ。まず自分と向き合ってくれ。話はきっとそれから。彼の謹慎活動はそれが終わってから初めて始まる」と諭したことも明かした。

 また、「TOKIOに戻りたい、TOKIOがある、TOKIOに帰る場所があるという気持ちが彼のなかにある、その甘えの根源がぼくらTOKIOだったら、そんなTOKIOは一日もはやくなくしたほうがいいと思う。僕がテレビをみていたらそういう視聴者の一人になっていたと思う」と悲痛な想いを打ち明けた。

 「その一方、ありがたいことに番組継続、お仕事継続のお声をいただいたとき、今僕らができることを果たすことがプロなのではないかとその狭間で戦っています。やめるのは簡単。ただ、与えられたことをきちっとやることがプロ」と未だ葛藤のなかにあるといい、報道陣に向け「なんでも聞いてください」と呼びかけた。

 山口は自宅で女子高生に対する強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検され、山口単独で4月26日、都内で緊急会見。所属するジャニーズ事務所から無期限謹慎処分が発表された。



関連写真

  • 涙ながらに語ったTOKIO松岡昌宏(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見をおこなったTOKIO(左から)長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏 (C)ORICON NewS inc.
  • TOKIO(左から)長瀬智也、国分太一 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス