• ホーム
  • 芸能
  • 【TOKIO会見】松岡昌宏コメント、山口の発言「崖の下に落ちたこと気づいていない」

【TOKIO会見】松岡昌宏コメント、山口の発言「崖の下に落ちたこと気づいていない」

 山口達也(46)が女子高生に無理やりキスを迫り、強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検(起訴猶予処分)されたことを受け、人気グループ・TOKIO城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、都内ホテルで会見を行った。以下、松岡の発言要旨。


今回、うちの山口の事件で、被害をお受けになった方ご家族、これまでTOKIOを支えてくださった関係者の方、ファンの方に対し、本当に今申し訳なく思っています。

ご指摘されていた(山口の)「TOKIOにまだ席があるなら帰りたい」という発言を目にした時に、山口の彼の甘ったれた意見はどこから生まれるのかと正直思いました。

おそらく彼は、崖っぷちではなく、自分が崖の下に落ちていることに気づいてなかったのだと思います。そういった甘え、根源はどこから来るのかとずっと考えていました。

TOKIOに帰る場所がある、そんな考えが通るTOKIOなら一日も早くなくしたほうがいいと思いました。

その一方で、大変ありがたいことにたくさんの惜しい事を頂いているなか、今4人でできることは何かと考えると、それをしっかり果たすことがプロなのではないかという、その狭間で戦っています。

やめるのは簡単。でもその役割を果たすことがプロだとも思います。

きょうは、みなさまに聞かれたことは何でもお答えしたいと思っています。



関連写真

  • 謝罪会見を行ったTOKIO(左から)城島茂、松岡昌宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見をおこなったTOKIO(左から)長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見を行ったTOKIO(左から)長瀬智也、国分太一 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス