• ホーム
  • 芸能
  • 国分太一、ジャニー社長コメントに涙止まらず「本当に情けない」

国分太一、ジャニー社長コメントに涙止まらず「本当に情けない」

 人気グループTOKIO国分太一(43)が2日、司会を務めるTBS『ビビット』(月〜金 前8:00)に生出演。グループメンバー・山口達也(46)の不起訴を受けきのう1日にジャニー喜多川社長が謝罪コメントを発表したことに触れ、「こんなことを言わせてしまったのが本当に情けない」と涙を流した。

 同日、山口を除いた城島茂(47)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)とともに会見に臨む予定の国分。改めて「不起訴となりましたが、この不起訴には起訴猶予という言葉がついてます。検察は、裁判をする必要はないが、犯罪はあったと認めているということです」。また「きょうはそういう思いで、被害者の方と、そのご家族の皆さんにお詫びを申し上げ、自分たちの思いを自分たちの口で伝えていきたい」と会見への覚悟を示した。

 一方で、きのうジャニー氏は「弊社としては、ことの重大さを真摯に受け止め、全員がそれぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です」など異例の謝罪コメントを発表。「私自身はすべての所属タレントの『親』としての責任を負いながら今後も彼らが“ひと”として成長しできますよう、支援し続けて参る所存でございます」ともつづっていた。

 ジャニー氏の思いを受け止めた国分は「本当に申し訳ないっていうその気持だけですけど、そうですね…」と語り始めると、思わず涙。「ジャニーさんは“親”という言葉を使ってくれました。16歳の頃にTOKIOというものが生まれ、この23年間でたくさんの経験をさせていただきました。だからこそ一人ひとりの仕事もたくさん増えたと思いますし、その分の責任は自分たちで作っていかなきゃいけない。その生みの親にこんなことを言わせてしまったのが本当に情けないなと」と声を震わせ、忸怩(じくじ)たる思いを述べた。

 続けて、「これから一人ひとりがどう向き合って成長していくかがジャニーさんへの恩返しだと思っているので、これからまたそういう気持ちで前を向いていきたいなと思います」と決意し「だからこそ、メンバー4人で話し合ったことを皆さんの前で話したいと思います」と前を見据えた。



オリコントピックス