• ホーム
  • 芸能
  • 国分太一、山口達也へ「犯した罪、自分と向き合ってこれからを過ごして」

国分太一、山口達也へ「犯した罪、自分と向き合ってこれからを過ごして」

 きょう午後2時から山口達也(46)を除く、城島茂(47)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)と緊急会見を行う人気グループ・TOKIO国分太一(43)が2日、MCを務めるTBS系『ビビット』(月〜金 前8:00)に生出演。前日、東京地検より山口が不起訴(起訴猶予処分)となったことに言及した。

 山口は自宅で女子高生に対する強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検され、山口単独で4月26日、都内で緊急会見。所属するジャニーズ事務所から無期限謹慎処分が発表された。

 この日も過去の会見の映像をじっと見つめた国分は「不起訴となりましたが、この不起訴には起訴猶予という言葉がついてます。検察は、裁判をする必要はないが、犯罪はあったと認めているということです。山口が犯した罪は紛れもない事実だということがわかりました。これで捜査は終わりますが、山口が犯したことというのは絶対にあってはいけないこと」。

 「被害に遭われた方、そのご家族の皆さんに不安な思い、怖い思い、それを拭い切ることは非常に難しいことだと思っています。それでも、山口は自分が犯してしまったこの罪と何とか向き合って、何とか自分と向き合って、これからを過ごしてもらいたいと思います」と諭した。

 また山口の起訴猶予を受け1日、ジャニー喜多川社長は「弊社としては、ことの重大さを真摯に受け止め、全員がそれぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です」などと謝罪コメントを発表した。

 国分はジャニー氏の異例のコメント発表を問われると「すみません…」と落涙。「自分が16歳のときにTOKIOができて、まだこのメンバーではなかったんです。自分がハタチになり今のメンバーになりました。(中略)その生みの親にこんなことを言わせてしまったことが情けない」と唇をかみしめていた。

 同番組では不起訴を受け呼称を「山口メンバー」から「山口さん」とした。



オリコントピックス