• ホーム
  • 映画
  • 映画『恋は雨上がりのように』と横浜市がタイアップ 小松菜奈「私も大好きな場所」

映画『恋は雨上がりのように』と横浜市がタイアップ 小松菜奈「私も大好きな場所」

 女優の小松菜奈と俳優の大泉洋が共演する映画『恋は雨上がりのように』(25日公開)が、神奈川・横浜市とタイアップし、『恋雨 横浜デートキャンペーン』を実施することが1日、発表された。

 同映画は、眉月じゅん氏の人気漫画を実写化。けがで陸上競技の夢を断たれた17歳の女子高生・あきら(小松)が、45歳バツイチの冴えないファミレス店長・近藤(大泉)に片思いしたことから、2人がそれぞれの諦めていた夢と再び向き合い、成長していく姿を描く。横浜を舞台にしており、今回のタイアップが実現した。

 企画の一つ「『恋雨』傘シェアプロジェクト」では、傘シェアスポット(全10ヶ所)で、キャンペーンオリジナル傘「恋雨傘」を無料でレンタルすることができ、レンタルした傘は借りた場所以外の傘シェアスポットでも返却可能。返却の際にはオリジナルポストカードがプレゼントされる。そのほか、好きなテーマを選び「♯恋雨横浜デート」をつけてツイッターまたはインスタグラムに写真を投稿すると、抽選で映画関連グッズがもらえる「恋雨横浜デートキャンペーン」も行われる。

 小松は「本編の撮影でもお世話になり、先日テレビの企画で大泉さんとデートさせていただいた横浜は私も大好きな場所です。今回“傘シェアリング”という横浜市さんとしても初の試みで映画を応援してくださるということでうれしいです。私も“恋雨傘”をさして雨の日に横浜の街を散歩したいです。みなさんぜひ“傘シェア”してください」とコメント。

 原作者の眉月氏は「“傘シェアリング”面白いですね! “恋雨”傘を持って、横浜の街も映画も一緒に堪能してください」と呼びかけている。

 『恋雨 横浜デートキャンペーン』の実施期間は5月11日〜6月30日まで。



関連写真

  • 横浜で”恋雨傘”をさす小松菜奈、大泉洋
  • 映画『恋は雨上がりのように』は5月25日公開 (C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会(C) 2014 眉月じゅん/小学館

オリコントピックス