• ホーム
  • 芸能
  • 吉本坂46、ニ次審査合格者173人を発表 村上ショージが“親子通過”果たす

吉本坂46、ニ次審査合格者173人を発表 村上ショージが“親子通過”果たす

 アイドルグループ・乃木坂46欅坂46に続く“坂道シリーズ”第3弾として、秋元康氏と吉本興業が展開する新プロジェクト「吉本坂46」の第ニ次審査合格者が1日、発表された。エントリー数1747人から、第一次の書類審査で751人が通過。さらに第二次では、173名に絞られた。

【写真】その他の写真を見る


 応募資格は、芸人、落語家、文化人、俳優、タレント、スポーツ選手、ミュージシャンらよしもと所属タレント約6000人が対象。芸歴・男女不問で、よしもと所属であれば誰でも応募ができ、ユニットの芸人でも個人としてエントリー可能となっていた。第三次では、それぞれが「自分CM」をテーマにした動画を公式サイトに投稿し、一般投票によって合否が決定する。

 村上ショージは、娘でピン芸人・ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅ(『バターぬりえ』から改名)と“親子通過”を果たした。ぬゅぬが「ちょっと変わってるから受かると思ってた」と楽観的に語る一方で、父・村上は「よかった〜」と一安心。娘に対して「ライバルですから」と息巻くも、「競争意識がないから、みんなが良い方にいけばいい。平和に変えていきたい」とサラリとかわされるなど、最後まで温度差を感じさせた。

 また、エントリーの中で唯一「マネージャー希望」で選考に臨んだカラテカ入江慎也も無事に通過し「秋元さん側になりたい。出る気は全然ないんですよ。ダンスや歌はできないけど、打ち上げの段取りはめっちゃできる」とアピール。落選組の中では、コロコロチキチキペッパーズのナダルが「わけわからん。坂田(利夫)師匠が受かって、何で僕が落ちんねん!」と嘆いていた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 「吉本坂46」のニ次審査に合格した(左から)村上ショージ、ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅ (C)ORICON NewS inc.
  • 落選を嘆いたコロコロチキチキペッパーズのナダル (C)ORICON NewS inc.
  • 新プロジェクト「吉本坂46」の第ニ次審査合格者発表の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 新プロジェクト「吉本坂46」の第ニ次審査合格者発表の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 新プロジェクト「吉本坂46」の第ニ次審査合格者発表の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 新プロジェクト「吉本坂46」の第ニ次審査合格者 (C)ORICON NewS inc.
  • 新プロジェクト「吉本坂46」の第ニ次審査合格者 (C)ORICON NewS inc.
  • 新プロジェクト「吉本坂46」の第ニ次審査合格者 (C)ORICON NewS inc.
  • 新プロジェクト「吉本坂46」の第ニ次審査合格者 (C)ORICON NewS inc.
  • 新プロジェクト「吉本坂46」の第ニ次審査合格者 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス