• ホーム
  • 芸能
  • 平野ノラ、番組ロケで尾てい骨骨折 全治1ヶ月 テレ朝謝罪

平野ノラ、番組ロケで尾てい骨骨折 全治1ヶ月 テレ朝謝罪

 お笑いタレントの平野ノラ(39)がテレビ朝日の番組ロケ中に尾てい骨を骨折し全治1ヶ月と診断されたことが27日、同局より発表された。

【写真】昭和バブリー芸人・平野ノラ、平成風メイクで初のスッピン披露


 けがを負ったのは24日、宮崎県内で行われていた『183村秘境旅〜こんな田舎がアルか否か!?〜』(5月13日放送予定)のロケ中。手製のすべり台を体験する撮影中に臀(でん)部から着した後、痛みがあると平野が訴え、病院での診察の結果、尾てい骨骨折で全治1ヶ月と診断された。現在はゆっくりであれば歩行は可能な状態だという。

 同局はファクスを通じ「ロケの際にスタッフによる安全への配慮が十分ではなく、平野ノラさんがケガを負われたことを大変申し訳なく思っております」と謝罪。また、「深くお詫びするとともに、平野ノラさんの一日も早い回復をお祈り申し仕上げます。また同種事故の再発防止を徹底してまいります」としている。

 平野は同日、ツイッターで「ロケ中のケガで皆様にご心配、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。痛みはあっても私はノリノリイケイケ元気だゾ!」と無事を報告。「尾てい骨は弾けてもバブルはまだまだ弾けませーーん! OKバブリーーーー!!!!!!」と元気につづっている。



オリコントピックス