• ホーム
  • 芸能
  • ガンバレルーヤ、人気漫画『ふるあん』の胸キュンシーン再現? 作者は太鼓判

ガンバレルーヤ、人気漫画『ふるあん』の胸キュンシーン再現? 作者は太鼓判

 お笑いコンビ・ガンバレルーヤが28日、都内で行われた『りぼん★みらいフェスタ2018』内のステージイベント『古屋先生は杏ちゃんのモノ スペシャルステージ』に登場。少女漫画誌『りぼん』で連載され、「ふるあん」の愛称で親しまれている同作の名シーンの再現に、作者の香純裕子氏が見守る中で挑んだ。

【写真】その他の写真を見る


 京都のカフェでバイトする高校1年生のヒロイン・宇佐美杏をよしこ、杏のクラスの新担任でイケメンの国語教師・古屋先生をまひるが担当。不自然な関西弁や自分たちのネタに引き込み、本家の胸キュンからはほど遠い、笑いのあふれる展開となったが、香純氏は「最高ですね」と太鼓判を押した。

 思わぬ高評価に気を良くした2人は「胸キュンシーンをやって、お肌のツヤが良くなった気がします。私たちの仲良しギャグも、ぜひ作品で使ってください」と売り込んでいた。

 同イベントは、集英社が刊行する『りぼん』と、小中学生向け文庫本レーベル『集英社みらい文庫』が共催。『りぼん』の漫画家が直接指導する体験コーナーや、作品とコラボしたオリジナルカフェ、豪華ゲストが出演するステージなど盛りだくさんの内容となっている。

 スペシャルステージにはそのほか、芸人の別冊なかむらりょうこも登場。イベントは、あす29日まで東京・豊島区のサンシャインシティ文化会館ビル展示ホールDで開催される。



関連写真

  • ガンバレルーヤが人気漫画『古屋先生は杏ちゃんのモノ』の胸キュンシーンを再現? (C)ORICON NewS inc.
  • 人気漫画『古屋先生は杏ちゃんのモノ』の胸キュンシーン再現に挑んだガンバレルーヤ
  • 別冊なかむらりょうこ=りぼん★みらいフェスタ2018『古屋先生は杏ちゃんのモノ スペシャルステージ』

オリコントピックス