• ホーム
  • 芸能
  • 細田守監督の展覧会『未来のミライ展』開催へ 新作と過去作の関係性も分析

細田守監督の展覧会『未来のミライ展』開催へ 新作と過去作の関係性も分析

 アニメーション映画監督・細田守氏の展覧会「未来のミライ展〜時を越える細田守の世界 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』」が、7月25日から東京ドームシティGallery AaMoで開催されることが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 細田監督の最新作『未来のミライ』(7月20日公開)の公開に合わせて開催されるものでで、約13万人を動員した「バケモノの子展」に続く2回目の大規模展覧会。細田監督が描く『未来のミライ』の世界を、体感型展示・テクノロジー・原画・背景画などを通じて立体的なイベントで再現することがコンセプトとなる。

 このコンセプトに対して、細田監督は「映画とは違う、イベントならではの表現で、子どもと大人が一緒に楽しめる空間を作ってほしい」といった展示に対するアイデアや意見があり、“時を越える細田守の世界”が表現される。

『時をかける少女』(2006)、『サマーウォーズ』(2009)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)、『バケモノの子』(2015)の過去作の展示もあり、新作との関係性を分析・ひも解き、細田監督とスタッフが作り上げた映画の魅力にも迫る。



関連写真

  • 細田守監督の展覧会『未来のミライ展』7・25から開催 (C)2006 TK/FP(C)2009 SW F.P.(C)2012 W.C.F.P(C)2015 B.B.F.P(C)2018 CHIZU
  • 細田守監督の展覧会『未来のミライ展』のロゴタイトル(C)2006 TK/FP(C)2009 SW F.P.(C)2012 W.C.F.P(C)2015 B.B.F.P(C)2018 CHIZU

オリコントピックス