• ホーム
  • 芸能
  • 須藤凜々花、夫の似顔絵片手に即席結婚会見「NHKでレギュラー持って安定した家庭を」

須藤凜々花、夫の似顔絵片手に即席結婚会見「NHKでレギュラー持って安定した家庭を」

 交際中だった20代の一般男性と結婚していたこと19日に発表した元NMB48の須藤凜々花(21)が同日、沖縄県内で始まった沖縄国際映画祭内のイベント『よしもと沖縄シュフラン2018試食選考会』に参加。結婚後、初めての公の場で須藤は幸せオーラいっぱいの表情で、のろけコメントを連発した。

【写真】その他の写真を見る


 須藤は大安吉日の13日に都内の区役所に婚姻届を提出。結婚後、初めて報道陣の前に登場した須藤はイベント後に囲み取材に応じて“即席結婚会見”が開催された。左手の薬指にはキラリと指輪を輝かせながら「いろいろお騒がせしましたが、無事に結婚いたしました。みなさんに感謝して、たくさん笑いあるステキな生活を送っていきたい」とにっこり。「人妻らしく炎上しないように大人しく過ごしてまいります。NHKでレギュラーを持って安定した家庭を…」とらしく抱負を語った。

 夫とは婚姻届提出の翌日の14日から同居をスタートさせた。今の心境を問われると「めっちゃ楽しい。出かけるときから家に帰るのが楽しみで、すごく仕事の効率が上がった。撮影とかも、めちゃくちゃ巻いて終わるぐらいテキパキ仕事をこなせる」と結婚の効果を口にした。入籍をしたのは大安であるが、不吉な13日の金曜日。「プラマイゼロみたいな感じが私にぴったりかな」と結婚記念日についてのエピソードを口にした。

 左手に輝くダイヤの指輪はシャネルという。10店舗以上もまわって、お気に入りの指輪を見つけた。金額は分からないが夫は現金で購入したところを見て「ほれ直しました。よかったです。シャネルに入店してペリエを飲みました」と思い返し、愛に浸った。

 今年に入り、須藤の母を含めた3人で食事をし、須藤の母に向かって夫が「結婚させてください」と決意を表明。「正式にキチンとした場を設けて言ってもらいました。かっこいいな。ちゃんとしてて間違いなかったなと思いました」とのろけた。

 歌手の由紀さおりからは「夫婦の時間は2年ぐらい取った方がいい」とアドバイスされたそうで「ご教授いただいたので、その通りにしたい」と先輩の助言に従うという。一方、子作りについても積極的だ。「計画しています。少子高齢化の日本なので。石破茂さんと共演したときに『日本の未来は任せてください』と宣言した。宣言したからには実行しなきゃ」と前向き。5人ほしいそうで性別は「バランスよく」と語った。

 仮に女の子ができた場合、アイドルになりたいと言われたらと振られると「全力で引き止めます」と断言。「叩かれるぞ、と。私のヤフコメとかを見せて『これでもいいのか』っていう」と話す一方で「それでもやるって言ったら全力で応援します。『さすが、私の娘だ』ってなる」と早くも親心を垣間見せていた。

 偶然の巡り合わせか、昨年6月に結婚宣言で世間を騒がせた『AKB48選抜総選挙』が行われた沖縄で結婚後の初イベント。「未だに大人の慌てた顔を思い出します」と豪快に笑っていた。最後は夫の似顔絵をその場で描いて披露。「けっこんしよう」という文字が添えられ、出来栄えについては「めっちゃそっくり」と自画自賛だった。

 同イベントは、47都道府県の主婦たちが「人にオススメしたい」という商品を取りそろえ、よしもとの芸人やメディアを通して全国へと発信していくプロジェクト。4年目となる2018年はこれまでの「お米」「ごはんのお供」「お菓子・スイーツ」「ドリンク」「からだにいい」に加え、「郷土玩具」の計6部門で開催されている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 旦那さんの似顔絵を公開した須藤凛々花 (C)ORICON NewS inc.
  • 須藤凛々花 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス