アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 45年の時を経て、映画『ハン・ソロ』を巡る不思議な縁

45年の時を経て、映画『ハン・ソロ』を巡る不思議な縁

 「あれから長い年月が経ったけど、自分がまさか『スター・ウォーズ』に関わるなんて思ったことはなかったよ。このシリーズは大好きなんだ」と語るのは、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)のロン・ハワード監督。「スター・ウォーズ」シリーズの生みの親、ジョージ・ルーカスとは、1973年に公開された映画『アメリカン・グラフィティ』で監督(ルーカス)・俳優(ロン)として出会ってから45年以上。ロンは、その撮影現場でルーカスが『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』について話していたこと偶然、聞いていたという。

 ルーカスは、米ロサンゼルスの南カリフォルニア大学在学中に作った短編を長編映画化した『THX-1138』(71年)で監督デビュー。続いて、自身の高校生活をベースに描いた青春映画『アメリカン・グラフィティ』のヒットを経て、第3作『スター・ウォーズ』(77年)で史上空前の興行的成功を収めた。『アメリカン・グラフィティ』の撮影をしていた頃から『スター・ウォーズ』の映画化に向けて模索していたようだ。

 さらに『アメリカン・グラフィティ』への出演でルーカスからの信頼を得たロンは、後に『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(99年)の監督をルーカスからオファーされるも、この時は実現せず。巡り巡って『ハン・ソロ』を手掛けることになったのだ。

 ロンはオリジナルのハン・ソロを演じたハリソン・フォードとも長い付き合いがある。『アメリカン・グラフィティ』にはハリソンも出演しており、2人は共演しているのだ。当時ハリソンはしばらく俳優業から離れ、大工として生計を立てていたが、同作で俳優業に本格的に復帰。『スター・ウォーズ』のオーディションにも参加したハリソンはハン・ソロ役に抜てきされ、一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たした。

 映画『ハン・ソロ』の制作にあたり、ロン・ハワード監督は、ハリソンから直接アドバイスをもらったそうで「彼は喜んでハン・ソロについて語ってくれたよ。意地っ張りだけど繊細な一面があるとかね。今回の映画ではハン・ソロが主役だから、監督であり物語の作り手である僕にとってはとても役立つものだった」と明かしている。

 『ハン・ソロ』の脚本は、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(80年)、『同エピソード6/ジェダイの帰還』(83年)で脚本を手がけ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)の脚本に携わった、“ハン・ソロを誰よりも知る男”といっても過言ではないローレンス・カスダンが担当しており、ファンからの期待値も高い。ルークやレイアと出会う前の若きハン・ソロが繰り広げる怒涛の大冒険は、どんな波乱と興奮に満ちているのか。生涯の相棒チューバッカや愛機ミレニアム・ファルコンとの出逢いと絆、そしてこれまで語られたことのないロマンスも描かれる。

 ちなみに、ジョージ・ルーカス、ロン・ハワード、ハリソン・フォードをつなぐ映画『アメリカン・グラフィティ』は、ルーカス自身の高校生活をベースに描いた



オリコントピックス