アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【ヒット分析】BTS(防弾少年団)が広げる、日本語詞の海外展開

【ヒット分析】BTS(防弾少年団)が広げる、日本語詞の海外展開

 BTS(防弾少年団)の日本3rdアルバム『FACE YOURSELF』(4月4日発売)が、フィジカルとデジタルで同時リリースされた。フィジカルは28.2万枚を売り上げ、4/16付週間アルバムランキング初登場1位を獲得。日本2ndアルバム『YOUTH』の約4倍となる好セールスを記録した。一方のデジタルは、初週0.3万DLで週間デジタルアルバムランキング3位にランクインした。

 13年に母国・韓国でメジャーデビューしたBTS(防弾少年団)は、翌14年6月にシングル「NO MORE DREAM-Japanese Ver.-」で日本に進出。KPOPという粋に収まらない欧米的なサウンド、ダンスなど息の合ったパフォーマンス、加えて独自のファッションやルックスが支持され、キャリアとともに人気が上昇。それは彼らのシングル・アルバムの売上推移を見ても顕著に表れている。

 早いタイミングで南米やヨーロッパでワールドツアーを行い、また、SNSという時流に合わせたアプローチも積極的に展開。それらが実を結び、昨年の『ビルボードミュージックアワード2017』では、韓国のグループとして初めてトップソーシャルアーティスト賞を受賞。ジャスティン・ビーバーを押さえての受賞(それまでは6年連続で受賞)という点でも世間を賑わせた。

 今回の日本3rdアルバムは、デジタルで全世界同時配信が行われたが、ドイツ、スペイン、ロシア、ブラジル、香港、インドなど、日本を含むトータル50の国と地域のiTunesで1位を記録。

 世界における彼らの人気の高さはもちろんだが、ここで注目したいのは、日本語による曲でありながら、これほどまでにワールドワイドにリスナーの心を掴んでいるという点だ。

 なお、日本語の作詞は、ヒップホップアーティストのKM-MARKIT氏(「血、汗、涙 -Japanese Ver.-」、「Spring Day -Japanese ver.-」など)らが手がけている。韓国発の彼らが、日本語詞による海外展開の可能性を広げている。



関連写真

  • BTS(防弾少年団)の日本3rdアルバム『FACE YOURSELF』
  • BTS(防弾少年団)のシングル累積売上推移(18年4/16付現在)
  • BTS(防弾少年団)のアルバム累積売上推移(18年4/16付現在)

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年12月10日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年12月10日号

<COVER STORY>
石川恵子氏(ソニー・ミュージックエンタテインメントコーポレートSVP)
「多様化するビジネスに対応する体制作りと
皆がチャンスを得て活躍できる組織を目指す」

<SPECIAL ISSUE>
ライブで大人を楽しませる方法
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.18

お問い合わせ

オリコントピックス