• ホーム
  • 芸能
  • 17年度企業別CM好感度 KDDIが4連覇、TOP3は携帯キャリアが初独占

17年度企業別CM好感度 KDDIが4連覇、TOP3は携帯キャリアが初独占

 CM関連の調査を行うCM総合研究所は11日、2017年度(17年4月度〜18年3月度)の「企業別CM好感度ランキング」を発表。年度内に東京キー5局でCMを放送した全2474社のうち、au「三太郎」シリーズが大ヒットしている【KDDI】が4連覇を達成した。

 【KDDI】は2015年1月にスタートした、松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎を演じる「三太郎」シリーズを中心に放送し、12ヶ月中10ヶ月で1位を獲得。昨年7月の「auピタットプラン」開始からは、新キャラクターとして川栄李奈が演じる織姫が登場し、金太郎とカップルになるなどストーリーが広がりを見せ、人気に弾みをつけた。

 2位も4年連続で【ソフトバンク】。「SoftBank」では「白戸家」シリーズ10周年を機に古田新太竹内涼真杉咲花が“新しい家族”として白戸家の前に現れ、シリーズ終了を思わせる仕掛けが話題に。「ワイモバイル」も昨年12月に「ワイモバ学園」シリーズを開始し、今年2月からは9人組アイドルグループ・TWICEが登場して好感度を押し上げた。

 3位の【NTTドコモ】は7年ぶりにトップ3入りし、通信大手キャリアが初めてトップ3を独占した。「得ダネを追え!」シリーズでは、高畑充希ブルゾンちえみになりきる作品がヒットしたのをはじめ、ブルゾンの母親にコシノジュンコ、新聞社の会長に加藤一二三を起用するなど、絶妙なキャスティングが光った。また、営業開始25周年を記念したMr.Children安室奈美恵とのコラボレーションCMなど、幅の広さも見せている。

 そのほか、4位の【日清食品】は、国民的人気アニメ作品を題材に“青春”を描く「カップヌードル」の「HUNGRY DAYS」シリーズ、星野源と“どんぎつね”役の吉岡里帆が織りなす不思議なストーリーを描く「どん兵衛」などが人気を牽引。7位にはダウンタウン松本人志がさまざまな職業に扮し、旬のゲストを迎える「タウンワーク」が好評の【リクルート】がランクインし、2年連続で自己最高値を更新した。

 また、200位以内の企業のうち、前年の好感度を上回り順位が100ランク以上アップした躍進企業も発表。トップは斎藤工泉里香がさまざまな職業に扮し、サービス名を繰り返し歌う【Indeed Japan】で、前年から700ランク以上もアップさせた。2位は出川哲朗が“ニチガス・ニ・スルーノ・三世”に扮し、本田翼とキュートなダンスを披露する【日本瓦斯】が選ばれた。



■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


オリコントピックス