• ホーム
  • 芸能
  • たけし苦笑、軍団 vs 森社長で「俺、部外者に」

たけし苦笑、軍団 vs 森社長で「俺、部外者に」

 お笑いタレント・映画監督のビートたけし(71)が7日、レギュラーを務めるTBS系『新・情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)に生出演。自身が立ち上げた芸能事務所「オフィス北野」を退社し、今月から新事務所「T.Nゴン」に移籍した“独立騒動”について、現状、たけし軍団とオフィス北野の森昌行社長との“騒動”に発展したことに「俺、部外者になっちゃって」と苦笑した。

 番組オープニングで「独立!」と振り付けで踊りつつ「ご迷惑をおかけいたしております」と、おどけたたけし。司会の安住紳一郎アナウンサーの質問を待たずに「俺が作った事務所を俺が出ていって何が悪い」「軍団を置いていった。そうしないと、うちの事務所が潰れてしまう。お前ら(軍団)残して整理して、ちゃんとしたカタチにしてくれって」と、たけし軍団をオフィス北野に残したことを説明した。

 独立騒動を巡っては、さまざまな報道が飛び交っている。ダンカンや水道橋博士ら「たけし軍団」のメンバーたちは、今月1日にブログなどSNSを更新し、独立の大きな理由として、オフィス北野の森社長がたけしの知らぬ間に会社の筆頭株主になっていたことや、会社の役員報酬が高額だったなど「裏切り行為」が明らかになったことを指摘した。

 これが発端でじわじわと、さらなる騒動に発展。たけしは「それが、こじれっちゃって、今度は軍団と社長のケンカになっちゃって、俺、全然、部外者になっちゃって、俺が(騒動を)解説しようかなって思っちゃて」と笑いつつ「俺、事情通で出てこようかなって。俺が原因なのに、俺が事情通になってどうすんだって」と解説した。

 この一週間、ダンカン、博士はもちろん、次々と軍団がテレビ出演することには「軍団バブルになっちゃって。事務所としちゃウソでも揉めるべき。こんなに仕事が忙しいことはないもん」とにんまり。「20何年ぶりだって、記者に追いかけられたのは。記者に『うるさい』というのが夢だったと、泣いている奴もいた」と、笑わせた。

 安住アナからの軍団を残す真意について聞かれると「俺と軍団が出ちゃったら会社潰れるもん。お金はいっぱい(会社に)あるんだよ。それを使ってね」と、会社が正常に運行するようになるまで軍団に残ってもらう方向性であるとし、安住アナから「軍団は合流するんですか?」と問われると「それは約束している」と主張。それでも「今度はマージン70%取ろうと思ってる。吉本(興業)超えてやろう、と思ってね」と、冗談交じりに語っていた。

 たけしは今月3日に都内で行われたイベントに出席。独立騒動後、初めて公の場に姿をみせ「私も新しい一歩を踏み出しました。今月からまた頑張ってるので仕事をください。そんなことはないな、忙しくしてるから仕事よこさないでください」と“たけし節”でジョークにした。



オリコントピックス