• ホーム
  • 芸能
  • 小野賢章、舞台『黒子のバスケ』アピール「“キセキの世代”がそろいます!」

小野賢章、舞台『黒子のバスケ』アピール「“キセキの世代”がそろいます!」

 声優で俳優の小野賢章が5日、東京・サンシャイン劇場で6日から22日まで開催される舞台『黒子のバスケ IGNITE-ZONE』東京公演の囲み取材に俳優の安里勇哉小沼将太鮎川太陽斉藤秀翼糸川耀士郎とともに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同舞台は、『週刊少年ジャンプ』で2009年から14年まで連載し、アニメ化もされた藤巻忠俊氏のバスケットボール漫画『黒子のバスケ』の舞台化作品第3弾。バスケ日本一を目指す高校生たちの青春の物語で、舞台ではウインターカップが開幕し、全国制覇に向けての主人公・黒子テツヤが所属する誠凛高校バスケ部の挑戦が描かれる。

 主人公・黒子テツヤをアニメ版でも担当した小野は「1弾から関わっているメンバーと3弾から新しく入った新キャストのメンバーと一緒に、今までやってきたことを引き継いで、お客様に楽しんでいただけるように頑張りたい」と意気込み。

 今回の公演には新キャストで、糸川、斉藤、鮎川が出演。勝利至上主義者のキャラクター・赤司征十郎を演じる糸川は「原作やステージのファンの方々は、赤司征十郎の登場を楽しみに待っていると思う」と緊張気味に語ると、小野から「プレッシャーがね」とフォロー。糸川は「そのプレッシャーに打ち勝って『すべてに勝つ僕はすべて正しい』ので、僕の完成させた赤司征十郎を楽しみにして下さい!」と原作の名ゼリフを披露しながらアピールした。

 見どころについて小野は「(舞台)第3弾にしてようやく“キセキの世代”がそろいます!試合が進むに連れて、新技だったり、舞台ならではの表現で僕もスタイリッシュに演出されている」と言い、糸川は「(赤司の)登場シーンは、めちゃくちゃカッコイイ演出がされている。役者人生の中で、こんなにかっこよく登場した舞台はない!」と笑わせた。

 けいこ中のエピソードを聞かれた、青峰大輝役の小沼は「ボールと使うことがあって、太陽がダイナミックにやることがあって、どこにボールが飛んでいくのか」とドキドキしたことを話すと、火神大我役の安里も「蛍光灯には2〜3回当てていた」と暴露。鮎川が演じる紫原敦は原作では2メートルを超える大柄のキャラクターでダンクシュートも決める。鮎川は「スタッフさんに本番になったら、『お願いね』と言われました」と苦労話を明かした。

 大阪公演は森ノ宮ピロティホールで5月1から6日。東京凱旋公演は日本青年館 大ホールで5月11から13日まで開催される。



関連写真

  • 主人公・黒子テツヤを演じる小野賢章 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)小野賢章、安里勇哉(後列左から)糸川耀士郎、小沼将太、鮎川太陽、斉藤秀翼、中屋敷法仁氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『黒子のバスケ IGNITE-ZONE』東京公演の囲み取材に出席した(左から)小野賢章、安里勇哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『黒子のバスケ IGNITE-ZONE』東京公演の囲み取材に出席した(左から)糸川耀士郎、小沼将太 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『黒子のバスケ IGNITE-ZONE』東京公演の囲み取材に出席した糸川耀士郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『黒子のバスケ IGNITE-ZONE』東京公演の囲み取材に出席した(左から)斉藤秀翼、鮎川太陽 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス