アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 田村淳、ロンブー解散危機あったと明かす 今では「欠かせないパートナー」

田村淳、ロンブー解散危機あったと明かす 今では「欠かせないパートナー」

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号田村淳、お笑いコンビ・ガリットチュウの福島正則が29日、都内で『JTBギフトシリーズ30周年記念イベント』に参加。ロンブーの解散危機を乗り越えた今では相方が「欠かせないパートナー」になっていることを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 ロンブーはコンビ結成24年を迎えた。淳は「30年続けることが大変なのかは、すごくよくわかる」としみじみ。ロンブーについて「解散を考えたこともあった」とサラッと衝撃発言をしつつ「解散しようかと悩んで、それを乗り越えてからのほうが絆が深くなりました。今だと欠かせないパートナーになってます」と相方・田村亮への思いを口にした。

 ギフトを贈りたい相手は妻という。「奥さんは偉大。好き勝手に仕事させてもらっている。子どもが生まれて、子育てはできる範囲ではやっているんですけど、やれるときにしかやれない。いつも苦労をかけて申し訳ないという気持ちがある。旅に行って疲れを癒やしてほしい」と語った。ギフトの額については「ハワイが好きなので、行けるぐらいのギフトはプレゼントしたい」と大盤振る舞いを約束していた。

 カード型のギフトにはメッセージや好きな写真でデコレーションできる。淳は母へのギフトを公開し「この歳になっても心配ばかりかけてごめん! 身体を大切に長生きしてね」とメッセージのついたギフトカードを贈った。多くの報道陣の前で音読すると「母ちゃんに直接、渡すメッセージ。クソ恥ずかしいですね…。こんなに照れるとは思わなかった」と赤面した。

 また、サプライズゲストとしてダレノガレ明美に扮した福島が登場。ダレノガレ明美になった福島が、さらに淳の母役に名乗りを上げ、淳が母の日にギフトを渡す練習をすることに。照れくさそうに淳が渡すと、しくしく泣く振りをしながら福島は感謝の言葉を述べた。ただ、淳からは「うちの母ちゃん、こんなにガタイよくない。メイクもしないし」とツッコまれていた。

 プチブレーク中の福島は「芸歴20年、全く売れずにここまで来た。ようやく、ちょっと(売れる)兆しがある。義理のお父さん、お母さんを旅行に連れていきたいな、この格好で。今年中にダレノガレで、めっちゃ稼ぎます」とにっこり。淳も「人に感謝の気持ちを伝えるのは大切なこと。ギフトがあると言えるきっかけにもなる。うちの母ちゃんも旅先で『淳を生んでよかったな』と思ってくれたらうれしいな」とアピールしていた。



関連写真

  • コンビの解散危機があったことを明かした田村淳(C)ORICON NewS inc.
  • ダレノガレ明美に扮して登場したガリットチュウ・福島善成 (C)ORICON NewS inc.
  • 母へのメッセージを音読した田村淳 (C)ORICON NewS inc.
  • 『JTBギフトシリーズ30周年記念イベント』に参加した(左から)ガリットチュウ・福島善成、ロンドンブーツ1号2号・田村淳 (C)ORICON NewS inc.
  • 『JTBギフトシリーズ30周年記念イベント』に参加したガリットチュウ・福島善成 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス