• ホーム
  • 芸能
  • 【新潟美人レイヤー】県外からも参加多数、「レイヤーが多い方が面白い」

【新潟美人レイヤー】県外からも参加多数、「レイヤーが多い方が面白い」

 1983年の初開催から35年以上の歴史を誇る日本海側最大級の同人誌即売会『ガタケット156』。同イベントが3月21日の春分の日に、新潟市産業振興センターで行われ、集まった多くの愛好家で賑わいをみせた。県外から訪れる人も多いことで知られ、今回撮影させてもらったいなさんもそんな県外勢の一人。

 「山形から乗り込んで来ましたよ!」とノリノリでポーズを取ってくれたいなさんはガタケットには5回以上参加しているとか。「地元のイベントにも参加してますが、やっぱり人数が多いから新潟の方が面白いですね!」。戦うカッコイイ女性キャラが好きといういなさんが今回扮(ふん)したのは、『フレッシュプリキュア!』の人気キャラクター、イース様。放送からだいぶ時間が経っている作品だけど「気に入ってるからOK、やりたいものをやるのが主義なので!」とコメント。今回の『ガタケット』は、最新作よりもちょっと懐かしめの作品が多めのイベントだったのが印象的。おのおのが愛するキャラクターを自分なりにしっかり表現していた。

 「地元を捨てた! ……ワケじゃないけど、これからもガンガン新潟に突撃しますので、“いなっぺ”をよろしくお願いします!」と、最後まで元気いっぱいの笑顔を見せていた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



タグ

オリコントピックス